今日からリトルカブ通勤始めました。冬眠中にリフォーム トイレ改造壁作り編

2020年03月13日

冬眠中にリフォーム トイレ改造便器交換編

リトルカブで通勤は始めたものの、ツーリングに行けない状態が続いています。

先日、山形県の日本海側の町、鶴岡市にある高館山のカタクリが咲いたという情報が入りました。例年なら、3月下旬か4月上旬に咲くのですが、今年は2週間以上早い開花となりました。

昨年よりも暖かい日が続き、本来なら遅山仙人を誘ってツーリングに行くところですが、コロナウイルスの影響ではなく、実家のリフォームが終わらないため、毎週末と年休を利用して、リフォームに精出している状態です。

エンジンオイルの交換も4月になってからになりそうです。

今回は、トイレ改造について紹介します。

IMG_3751

長年使っていたトイレの便器を新しいものに取り換えました。

IMG_3752

ネットで何でも買えるご時世。棺桶や骨壺まで買える時代です。葬儀屋の1/10以下で買うことができ、しかも翌日には配達されます。お亡くなりになっても、慌てることなく、葬儀屋に頼まずとも、火葬までには十分間に合うのです。

もちろん、便器も普通にネットで買うことができます。ただ、気を付けなければならないのは、安いと思ったら、暖房便座とタンクが別売りで商品表示してあることです。買ってみたら、便器本体だけだったということです。

また、便器が陶器ではなく、合成樹脂なので安かったというのも多数見受けられます。

便器の取付は、既存の物を外し、新しい物に取り換えるだけです。ネットにもたくさん取り付け方が載せてあります。

IMG_3753

ただ、既存物の取付ネジが錆びつき、回せなくなり、便器を壊さないと外すことができませんでした。

取付は取り寄せたTOTO(東洋陶器)の製品にも業者用の詳しい取付説明書が付いてくるので、労せずに取り付けることが可能でした。

IMG_3754

IMG_3756

IMG_3757

自宅のビルトイン型の食洗器の取付の時も紹介しましたが、取り付け場所を確定するための型紙が付いているので、その通りに取り付ければ失敗がありません。

IMG_3758

本来は、便器を壁ギリギリまで寄せるのですが、水道の取り出し口が便器のすぐ後ろにあるために、将来、補修する時のことを考えて、少し、前に取り付けました。

IMG_3755

IMG_3759

IMG_3762


IMG_3761

IMG_3760

無事に水が流れて完成です。人が近づくと蓋が開閉するような高級品ではありませんが、座るとセンサーが感知し、用を足して便器から離れると水が流れるタイプです。

既存の物と比べると、便器が小さくなりました。男性が立ったまま、小をする時は気を付ける必要があります。また、超省エネタイプで水の流れる量が半端なく少ない物もあるようですが、水の量が少なく流速が遅いので、汚れが落ちないために2回以上流さなければならなくなり、かえって、水量が増えるという話もあるようだったので、普通の省エネタイプにしました。

次回は、トイレに新しい壁を作ったことを紹介します。


himajintaro at 20:15│Comments(0)よもやま話 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日からリトルカブ通勤始めました。冬眠中にリフォーム トイレ改造壁作り編