冬眠中に実家のリフォーム冬眠中にリフォーム 水回り編

2020年02月09日

冬眠中に軽薄な赤、飛ばしています。

前回、リトルカブ冬眠中に実家のリフォームを紹介しましたが、リフォームは現在進行形です。途中経過は逐次紹介していきます。

冬眠中にやっている、数少ない趣味の中からパソコンのゲームを一つ紹介します。基本、リアリティのあるものしか興味が無いのですが、このゲームだけは以前からはまっています。

それは、今は売っていないマイクロソフトのフライトシミュレーターXです。先日、紅の豚のポルコロッソが乗っているサボイアSAVOIA S-21の機体が手に入ったので、瀬戸内海で飛ばしてみました。

ポルコロッソ08

ポルコロッソ04

ポルコロッソ05

ポルコロッソ03

ポルコロッソ02

ポルコロッソ06

ポルコロッソ01

カーチスが言う「軽薄な赤」ではなく、光沢のある、きれいな赤です。気に入りました。ポルコロッソが乗っていれば最高です。

フライトシミュレーターXの前はフライトシミュレーター95でした。ゲームを始めた頃は、セスナもまともに飛ばすことができず、離陸さえままなら状態でした。

説明書よりも航空力学の基礎と実機操作のYoutubeを見ながら覚えて行きました。だんだん、まともに飛ばせるようになると大型の旅客機を飛ばしたくなり、挑戦しましたが、離着陸を一通りできるようになるまで数年かかりました。

と言っても、夏場は山やバイクで遊びまわることが多く、ゲームどころではないので、どうしても、冬季間に飛ばすことが多いために時間がかかったのです。

次は香港のキャセイパシフィック航空のボーイング747-400という機体です。ジャンボジェットとして世界中の人々に愛された機体です。今の日本の航空会社ではボーイング747-400という機材は現役引退してしまい、海外の機材しか見ることができなくなりました。

Cathay01

キャセイパシフィック航空のボーイング747-400は香港経由でバングラデシュに行くために何度も搭乗したしたことがある思い出の機材です。

Cathay02

シミュレーターでは羽田空港早朝発の便で飛ばしています。

Cathay03

Cathay05

Cathay06

上の写真は自動操縦の状態です。ここまで飛ばせるようになるまで随分時間がかかりました。

旅行で飛行機を乗る時は、必ず、コースを確認したいので窓際の席を利用しています。特に、着陸するときのコース取りはシミュレーションの時は役に立ちます。

本来なら、飛行計画に基づき管制塔との交信でコースや高度の指示を受けながらの着陸ですが、シミュレーターでは管制官との交信がない代わりに自動着陸もできますが、私はまだ、そこまでには至っていません。まだまだ、初心者です。

フライトシミュレーターは、バーチャルであるものの高度な技術が必要なゲームでなので、私としては趣味の一つに入れています。



himajintaro at 09:26│Comments(0)よもやま話 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
冬眠中に実家のリフォーム冬眠中にリフォーム 水回り編