ドジョウはどこで売っているか?いつもより、長~く乗ってます。

2019年12月22日

蕎麦屋「ふくろう」の天ぷらは増量進行中

2019.11.22

IMG_3252

予てから、尾花沢市と宮城県との県境に緩やかにそびえる翁山への登山計画を立てていましたが、前日に降った雪が思いのほか多く、林道半ばで引き返しました。引き返したものの、果たしてどこに行ったらいいものかと思案する間でもなく、米湿原まつり 2018.6.17 金山町大堰編で最初に向かった金山町大堰に車を進めました。

この日、大堰は、越冬のため錦鯉を別の場所へ移す作業を行っていました。県内のマスコミも取材に来ていたようですが、私たちが大堰に着いた頃は作業は終わっていました。その日の夕方のニュースで作業の様子が放映されていました。作業のかたづけをしていた金山町の職員から大堰を泳いでいたヤマメ1匹をもらって遅山仙人は喜んで持って帰りました。

ちょうど、一服の時間となったので、元郵便局跡でコーヒータイムとしました。

IMG_3258

IMG_3257

IMG_3255

いつものフレンチプレスコーヒーにお茶請けに持って行った丸柿「孝子丸」と山仲間S氏が持ってきてくれたバウンドケーキが効きました。後から出てくる「ふくろう」の天ぷらに大きく影響することになるとは思ってもみませんでした。

「孝子丸」は鶴岡市松ヶ岡(旧羽黒町)で友人が作っている柿の品種です。鶴岡市を始めとする種なしの庄内柿の一大産地ですが、庄内柿は平らな柿です。知人の父親が枝変わりの丸い柿を見つけ品種固定して農水省に品種登録した美味しい柿です。

金山町からはリトルカブのツーリングルートをひたすら真室川町のJR真室川駅に向かいました。真室川駅は米湿原まつり 2018.6.17 真室川駅編でも紹介しています。2019.7.5の鶴岡市加茂のクラゲ水族館の帰りに真室川駅に立ち寄らず帰ったのがご不満だった仙人のために真室川駅に立ち寄ることにしました。

IMG_3265

IMG_3262

IMG_3263

IMG_3260

真室川駅にの売店は道の駅やJAの直売所よりも安くて物が良いので、妻と来た時も色々と買って帰りました。男やもめ二人と所帯持ちの私は各々自宅用にたくさん買いました。

次に向かったのは、以前からS氏を連れて行きたかった鮭川村の「ふくろう」です。

IMG_3266

いつものように、11時30分前に店に入りました。外で仙人が馴染みの店主と会い、そのまま案内されて、まだ客は誰もいない座敷に座りました。

IMG_3267

ここの店主がドジョウはどこで売っているか?で仙人に熊の肉をくれた方です。

IMG_3268

相変わらずの天ぷらの数です。前回来たときは26種類だったのが、33種類に増えたと店主は言っていました。

IMG_3269

今回、馴染みの仙人が来たので、エビが一人一尾づつのサービスをしていただきました。

IMG_3270

IMG_3279

さらに、コーヒーと柿をいただきました。実は、先に書いたように金山町でコーヒータイムで食べた「孝子丸」とバウンドケーキが胃袋に重くのしかかっていたのです。天ぷらの種類が増えたとはいえ、普段なら仙人と二人で何とか天ぷらを胃袋に収めていました。

今回は男性三人でもやっとの量でした。四人で十分間に合う天ぷらの量です。

IMG_3280

満腹になった胃袋を抱えて、店主に丁重に礼を言い、羽根沢温泉に向かいました。

IMG_3281

米湿原まつり 2018.6.17 羽根沢温泉編で書いたように監視カメラ付きの無人の共同浴場ですが、今回、一人一人200円づつ入れないと浴室側に入れないシステムに進化していました。セコムだけにセキュリティが厳しくなっていました。

ただ、このやり方は、瀬見温泉の共同浴場と同じで、小銭を持っていない者には不親切です。瀬見温泉では、温泉協会に電話でたずねたら、近所の酒屋で両替してもらうように案内されたものの、酒屋では断られたと言うケチがつきました。

進化させたのなら、外国人観光客が入るかわかりませんが、キャッシュレスでも入れるシステムにすることも念頭に入れておいた方が良かったかもしれません。

山形県は全国でも外国人観光客の伸びが3番目に多いそうです。

小銭の持ち合わせがあったので、前回同様、芯まで温まり肌がすべすべの温泉でいくらかでも満腹感を減らすことができました。

羽根沢温泉からは、いつものツーリングと同じコースを辿り、新庄市本合海、長者原、舟形町堀内、大石田町小坂峠を越えて、大石田の町中へと進みました。

ここで、最上川千本だんごに立ち寄りました。いつものツーリングなら、朝8時前か午後4時過ぎに通過するので、立ち寄って団子を食べたことはありませんでした。家族とは何度か来たことがりますが、休日なので、いつも半端なく混雑しています。

元々、観光バスで団体で大挙してやってくる団子屋さんですが、出川哲朗の充電させてもらえませんか?でスペシャルゲストのさんまが、ここから合流したことで人気に拍車がかかっています。

平日の午後3時過ぎだったので、客もまばらでした。

IMG_3283

一人一本ずつ買って、奥座敷が空いていたのでお茶でティータイムとしました。

IMG_3285

IMG_3284

この店は、タレが多いのが特徴です。一晩置くと硬くなるので早く食べるように促してデパートの催事で売ったら、一日で千本売れたので千本だんごと命名したそうです。

この団子は食べるときは柔らかいのです。私的には、本丸ってどこ? 2019.10.14で書いたJRガード下の渡辺だんご屋が好きです。食べた時のコシのある食感は渡辺だんご屋に敵いません。

IMG_3286

団子とお茶でティータイムとした後、村山市富並、最上川隼橋、名取、東根市長瀞、山形空港西、天童市寺津、山形市渋江と、いつものツーリングルートをトレースして山形市内に戻りました。

ツーリングルートを4輪車で回ってみましたが、やはり、臨場感は2輪には勝てません。だから、小回りが利くリトルカブで走っているのかもしれません。

残念ながら、翁山には登れませんでしたが、来年の楽しみに取っておきます。


himajintaro at 15:40│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ドジョウはどこで売っているか?いつもより、長~く乗ってます。