気になる「亀の子クラック」そばには やっぱり からし大根

2019年11月21日

突然、道が無くなる⁉

2019.11.17

南陽市萩からいつもの広域基幹林道置賜東部線に入らずに、もう一本東側の林道を北上すると、次の目的地である「くぐり滝」に出られると考えてみました。

事前に
国土地理院2万5千分の1地形図とGoogleアースを見て、林の陰になり道形が無いところも見受けられましたが、とにかく、抜けられるだろうと判断しました。

くぐり滝

「天空の集落?」で使ったスマホアプリ「国土マップR」も利用しながら、途中、間違って戻る所もありましたが、何とか国土地理院2万5千分の1地形図の実線の道を進みました。

IMG_3086

IMG_3090

IMG_3093

IMG_3094

IMG_3095

国土マップR」で確認しながら、間もなく、「くぐり滝」であろうと思っていた矢先、突然、車道が無くなってしまいました。

IMG_3099

IMG_3101

IMG_3097

四輪車が走れるのは、ここまででした。車止めの木杭が1本立ってあり、ここから先は人が歩ける道になっていました。

通行止め

一体、何が起きてしまったのか。私は、この先がどうなっているか歩いて確かめに行きました。木の橋を渡り、川の脇の道を進むと「くぐり滝」が見えました。滝の部分は大きな岩になっており、岩を崩して道を作ると、せっかくの景観が台無しになるので、あえて、車は通さないことがわかりました。

しかし、小さなスーパーカブなら滝のそばまでは自走できるし、岩の部分は段差があるものの、2人でゆっくり移動すれば通り抜けらえることがわかりました。

IMG_3105

一緒に確認した遅山仙人に通り抜けを提案しましたが、木橋に怖気づいて、引き返そうと言い出しました。萩からの5.5kmを後戻りするのは勿体ないので、渋る仙人を説得しました。

仙人は私がリトルカブをもう一台もらったから、今乗っているリトルカブは大事にしないのかと苦し紛れの言い訳を始めました。日ごろから掃除も手入れもせずに車もバイクも野ざらしにしている仙人に言う資格はないのですが、溺れる者は藁をもつかみます。

IMG_3106

私が仙人のスーパーカブを運転し、橋を渡って、滝のそばまで行くという条件で納得させました。そして、滝のそばまで2台のカブをあっさり持ってゆきました。

IMG_3108

仙人は長年、寝るときも椅子に座ったままの生活を続けてきましたが、普段から運動もせず歩かないので、平衡感覚の衰えを感じるのか、恐怖感だけが先立つようになってきました。家の外に出て運動しないとカブにも乗れなくなると口酸っぱく言い続けてきましたが、自ら改善する気は全くなく、カブを運転できなくなる日は突然来るかもしれません。

IMG_3109

「くぐり滝」の水は、私たちが走ってきた林道と並行して流れ、岩の大きな空洞をくぐって落下していました。

IMG_3112

IMG_3114

IMG_3113

滝の真下までバイクで行けるのですが、途中に木橋が2か所あるので仙人はビビッて行かないと言っていました。

IMG_3115

IMG_3117

駐車所やトイレもありました。季節の良い時期は、たくさんのお客さんが来るのでしょう。時期が時期だけに、キノコ採りと思われる軽ワゴン車が滝の近くに停めてあっただけで、他には全く車がありませんでした。

IMG_3118

本来なら国道348号から南下してくるのが一般的ですが、今回、国土地理院2万5千分の1地形図を頼りに南から北上すると言う、アクロバティックなツーリングになりました。

ここからは、昼食を予定している白鷹町滝野の新そば祭りの会場を目指しました。


himajintaro at 13:59│Comments(0)グループツーリング | 道路

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
気になる「亀の子クラック」そばには やっぱり からし大根