2019年12月

2019年12月14日

喜多方ラーメン実話

IMG_2622

私たちが2019.10.31に喜多方に向かい朝ラーメンを食べた2週間後、福祉施設に勤める息子が職場の旅行で会津を訪れて、喜多方でラーメンを食べた話です。

事前に、喜多方市役所に大人数が一緒に食べられる店を紹介してもらい、良心的だという店にメニューと数を予約をしました。

当日、店に入るとを予約していたはずなのに、メニューと数を聞かれたそうです。すると、2~3分後に予約していたラーメンが出てきました。

しかし、スープはぬるく、麺は伸びていたそうです。つまり、作り置きしておくという、ラーメン店では絶対にありえない禁じ手を使ったのです。

参加者の大多数は自立を目指す障がい者です。参加者一人一人がバラバラの店に行くことはできなかったのです。みんなガッカリしてきたそうです。

私が喜多方で最初にラーメンを食べたのは、山の帰りに山仲間でバイクの師匠から連れて行ってもらったのが30年以上前です。このころは喜多方のラーメンは殆ど他県からは無名でした。今のように店の駐車場は無く、生協の駐車場に車を置いて食べに行った記憶があります。

その後、喜多方のラーメンが有名になり、昼時は観光バスで来る観光客で賑わうようになりました。

喜多方の良いところは、ラーメン店が比較的小さなエリアに点在しているところです。車やバスを置いて歩いて行ける範囲でラーメン店があります。もしも、店の前に多くの人が並んでいたら違う店に簡単に行けるのです。麺だけに面ではありませんが、観光地が面的になっているという最大の強みです。

山形のようにラーメン店や蕎麦店の一軒一軒が遠く離れていれば、マイカーでは移動できても観光バスのお客さんを受け入れることはできません。

朝ラーメンはしょっぱかったでも書きましたが、最近の喜多方は味が落ちたという声を聞くようになりました。

朝からラーメンが食べられるとは30年前には考えられませんでした。狭い面積に店がひしめき合うだけに、喜多方は競争が激しいのかもしれません。喜多方のラーメン店が24時間営業のコンビニ化することはないでしょうが、客の入りに関係なく、営業時間が長くなれば、それだけ人件費というコストがかかります。

コストダウンの結果が味の劣化に繋がるのでは、客離れを起こしても仕方がありません。店を新しくしたら味が落ちて、客が行かなくなったなんて、よく聞く話です。首が閉まるのはラーメン店自身です。

土産物店の「会津喜多方ラーメン館本館」で振舞う無料のラーメンの方が美味しいではシャレになりません。

最近、秘密のケンミンショーで青森や山形がラーメンの年間消費量が全国一位であることを紹介してくれるようになりました。

喜多方のように観光バスで食べに来てもらうことは叶いませんが、ラーメン好きがフェイスブックで公開グループ「らーめん県ヤマガタ!」を立ち上げ情報交換をしています。ツーリングを楽しむ者として、こういう情報は大切です。

麺好きの遅山仙人でさえも、喜多方には行かなくともよいと言い出し始めました。喜多方がコースに入らないことは残念なことです。これから、コースを会津方面に拡大しようと思っていた矢先のことです。

是非、ラーメンのまち・喜多方が味やもてなしを劣化させることなく、ラーメン好き山形県民をも魅了するラーメンの聖地として活躍してほしいものです。



himajintaro at 07:45|PermalinkComments(2)お食事処 | 観光

2019年12月12日

久しぶりのホワイトアウトです。

77387959_2595163147205581_2903812755872022528_n

昨日、山形県内の内陸部は放射冷却現象により、朝から濃い霧が立ち込めました。標高500mを越えた所から見ると広大な雲海が広がっていたに違いありません。

バングラデシュの北部、「幻の紅茶、紅茶の芸術」☕️と呼ばれるイギリス王室御用達のオーガニック紅茶の産地で、インド国境の近くシレット地方は、冬になると毎日ホワイトアウトします。夕方から霧が発生し、酷い時は正午近くまで霧が晴れません。

今年は、まだ雪が降らないので、いつもの年より長くバイク🏍に乗れるようです。これも地球温暖化の影響なのでしょうか?

でも、昭和56年は正月6日まで雪❄️が降りませんでした。逆に、その前の54年は12月24日が朝から大雪で、山形県南陽市の国道13号で大型車のスリップ事故の影響で山形市内から上山市が大渋滞となり、車がほとんど動かず、アイスクリームのクリスマスケーキがバスの中で溶けてしまったというエピソードもあります。❄️❄️❄️❄️

今年は、雪が降るまで、頑張ってリトルカブで通勤したいと思います。





 

himajintaro at 20:24|PermalinkComments(2)自然 | よもやま話