天空の集落? 2019.9.20朽ちていく、おしんの吊り橋へ 2019.9.20

2019年09月29日

天空の集落ではなく限界集落? 2019.9.20

IMG_1895

道海に辿り着いて、一番最初に目に飛び込んできたのが、上の写真の左側にちょっとだけ見える建物です。

IMG_1897

外壁が横板で、一見、学校風。矢切に大きな「丸に五三の桐」の家紋の細工がしてあります。

IMG_1898

「かたくり庵」と大きな表札がありました。

IMG_1900

能舞台のような建物もあり、イベント会場的な、体験学習施設かなと思わせるような、個人の住まいを利用した施設の様な感じがしました。すぐに、ネットで調べたいところでありましたが、ここは圏外です。

IMG_1904

圏外で唯一使える、アプリの国土マップRで見ると「かたくり庵」は別の場所にありました。このアプリは国土地理院2万5千分の1地形図上にGoogleマップの位置データーをレイヤーして使っているようですが、時々、位置がずれているようです。

IMG_1898_1

帰宅後、「かたくり庵」について調べましたが、詳細な沿革がわからず、「かたくり庵」で年に何度かイベントが行われ、ファンクラブのような会員がいて、道海の地域おこし的な役割を果たしているようでした。

IMG_1906

道海という地域を表すような看板はなく、道海村づくり協議会が建てた古ぼけた看板には「歩み入る人にはやすらぎを 去る人には幸せを」というフレーズとワラビ、ゼンマイ、タケノコ、キノコの絵が描いてありました。

IMG_1909

IMG_1908

民家の敷地に郵便ポストがあり、この家の玄関の扉の上には「〒郵便局集配職員休憩所」のプレートがかけてありました。この家が集配の役割を果たしているのでしょうか。

IMG_1914

IMG_1916

IMG_1920

IMG_1923

家はたくさんありましたが、暮らしていると思われる家が何件かありましたが、人が全く見当たりませんでした。私たちを見た犬の遠吠えだけが集落の中で響き渡っていました。

IMG_1929

庭先に赤いスモモの木がありました。(写真上、建物のすぐ左)昔からの品種で、皮も果肉も赤く、熟すと甘くなるものの、虫が付きにくく、丈夫な木ですが、今ではほとんど見られることがなくなりました。

IMG_1919

IMG_1932

神社と集会施設に建っていた石碑から江戸時代元禄年間以前に開拓者が入植して道海の礎が作られたことがわかりました。

IMG_1926

IMG_1928

集会施設の玄関先をお借りしてコーヒータイムとしました。

仙人が道海に来たかった理由の一つは、鈴木俊一元東京都知事の両親の出身地が道海であったことのようです。仙人の身内が東京で医業をしていたころ、そこに鈴木氏が通院して親の出身地を明かしたとのこと。

鈴木氏は親の出身地を明かしたことが無く、両親とも道海出身だと仙人は言っていましたが、半分正解のようです。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、父親の出身は山形県西村山郡七軒村(現・大江町)とあります。母親は山口県を出身とする男性の子供のようです。

この地が
七軒村であった証拠が残っていました。

IMG_1921

「大江町立七軒西小学校 道海分校」の跡地がありました。

道海は仙人が言うような天空の集落ではありませんでした。大江町役場によると6世帯10人が暮らす集落だったのです。年齢構成がわからないので、はっきりしたことは言えませんが、もしかしたら、65歳以上の人の割合が50%を越えている限界集落かもしれません。

マユツバ者の仙人に振りまわされて道海に辿り着きました。

ここからは、舗装道路を走り、白鷹町まで最上川沿いに南下することにしました。白鷹町でも、マユツバな話が待っていました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
天空の集落? 2019.9.20朽ちていく、おしんの吊り橋へ 2019.9.20