岩出山へ  有備館駅岩出山へ  おおくぼのかりんとう

2019年09月19日

岩出山へ  岩出山城

有備館の素晴らしい庭を堪能し、JR有備館駅に立ち寄り、駐車場に戻ってきました。

伊達政宗ゆかりの岩出山城を見るべきだと言う遅山仙人に対して、私は伊達政宗の像しか建っていないと返すと、建物が残っているから行くべきだと強く言うので、行ってみることにしました。

事前にネットで調べて、政宗の像しかないことは知っていました。朝来た時に街の中にも道案内らしきものも見かけませんでした。

岩出山04

登り口に簡単な案内板がありました。急な坂を上って行くと眼下に岩出山の町が開けてきます。

IMG_1713

坂を上り切ると前方右側に蒸気機関車が見え、左折すると平になり飲食店のような木造の建物があります。

IMG_1696

百日紅(サルスベリ)が咲いていました。

IMG_1698

公園案内図には、本丸の西側には建物が黒く印されています。多分、伊達政宗が住んでいた屋敷跡を示すものと思われます。

政宗は山形城主・最上義光(もがみよしあき)の妹・義姫の長男であったものの、豊臣秀吉により米沢から岩出山に移封されます。今でいう左遷です。最上家は元々、斯波(しば)姓でした。山形に入部(転入)してから最上姓を名乗ります。

仙人によると、斯波家の一部は大崎氏の姓を名乗り、岩出山を含む大崎地方を統治することになります。その家臣の中に伊達家がいます。移封されたとはいえ、政宗は縁のある岩出山に住むことになったのではないかと言っていました。

安土桃山時代の城は天守閣を持たない平屋の館です。当時は天守閣を立てる建築技術と財力がなかったため、平屋だったのだと思います。

IMG_1699

飲食店以外の建物としてはトイレと上の写真のような野外音楽堂と思しき建物があります。

IMG_1704

政宗の像が建っていることはネットで調べてわかっていました。ネット難民の仙人は知りませんでした。館や資料館も建っていないことを知りませんでした。

IMG_1706

つまり、仙人は中学生を引き連れて、この岩出山城には来ていないのです。どうも、有備館も怪しくなりました。有備館には初めて行ったようでした。

IMG_1705

本丸の東側、伊達政宗の像が建っている場所よりさらに東側の法(のり・斜面)の下で遺構調査(建物が建っていたと思われる場所の発掘調査)が行われていました。

遺構調査を進めることで、岩出山城の新たな歴史がわかるかもしれません。


himajintaro at 07:00│Comments(0)観光 | 歴史・文化

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
岩出山へ  有備館駅岩出山へ  おおくぼのかりんとう