初めての庄内  霊峰月山を越えて初めての庄内  妻からのお使い

2019年09月10日

初めての庄内  出羽三山信仰の羽黒山へ

山形県鶴岡市田麦俣から月山新道(国道112号)に入りました。自動車専用道路は湯殿山ICの入り口までで終わり、田麦俣からは一般国道になります。

鶴岡市落合で国道112号と別れて右折し、広域農道(通称スーパー農道)を少しだけ走り、途中から鶴岡市松ヶ丘(旧羽黒町)に向かいます。

出羽庄内

庄内平野はさわやかな夏の雲が浮かんでいました。

IMG_0354

松ヶ丘から赤川を渡ると最初の目的地、出羽庄内国際村に到着しました。

IMG_0363

この出羽庄内国際村は鶴岡市在住の文化人類学者山口吉彦先生のアマゾン資料が数多く展示されていた場所です。先生はアマゾン研究のほか、奥様(故人)とともに庄内地域の国際交流の発展に貢献されたことでサントリー文化賞を授与されています。

先生とは、庄内地域の高校生や中学生をタイの福祉教育複合施設・子供村学園に派遣するジュニア民間大使の事業に、1995年に同行させていただきました。ちょうど、地下鉄日比谷線の地下鉄サリン事件の時にタイの首都バンコクにいました。

この施設は鶴岡市が運営していますが、現在はアマゾン資料は展示されていないはずです。

この施設の職員二人と知り合いで、以前、バングラデシュのアロアシャ学園の開校式に一緒に行ったことがあります。

用事を済ませて、昼食のため何度も行ったことのある手打ちそばしげ庵に向かいました。この蕎麦屋さんは出羽庄内国際村の知り合いの職員から教えてもらった蕎麦屋さんです。

しげ庵

少なくとも30年前には、庄内地方の酒田、鶴岡には手打ちそばのお店は殆どありませんでした。

記憶にあるのは、これから羽黒山の帰りに通る、羽黒から庄内町狩川(旧立川町)に向かう県道沿いにあった赤坂という蕎麦屋さんで、天ざるがとても安かった覚えがあります。もう一つは、酒田市松山(旧松山町)にあった、店の名前は忘れましたが、つなぎに海藻を使っている蕎麦屋さんぐらいしか記憶がありません。

庄内地方に蕎麦の食文化が無かったのは、元々、庄内平野は米どころなので、痩せた土地に育つ蕎麦を植える必要がなかったからではないかと言われています。

昨今の手打ちそばのブームで庄内地方にもたくさんの蕎麦屋さんができました。

IMG_2944

もりそばと天ぷらをオーダーしました。前回は、円筒形をした、かき揚げを頼んでいます。遅山仙人とツーリングを行くようになったから、再度、手打ちそばしげ庵に来ています。その時にもかき揚げを頼んでいますので、後日、紹介したいと思います。

IMG_2943

昼食の後は、出羽三山信仰の羽黒山に向かいました。

羽黒山

羽黒山へは麓の手向(とうげ)から五重塔を見ながら石段を上って行く方法と有料道路で山頂まで行く方法があります。

今回は、山頂までリトルカブで行く方法を取りました。有料道路の入り口のちょっと手前の上りがとても急で、とてもセカンドギアでは上って行くことができません。道路標示が無いのでわかりませんが、10%を超える勾配なのではないか思います。

有料道路は自動車専用道路になっています。料金所のオバちゃんに原チャリは通れるか尋ねてみると、先ほど、1台原付が上って行ったのでOKとのこと。自動二輪と同じ料金を払って、山頂の駐車場まで上って行きました。

IMG_2948

IMG_2947

時間が無かったので、羽黒山神社の本殿のみ参拝し、駐車場に戻り、次の目的地に向かいました。

なお、羽黒山については、遅山仙人と山仲間S氏とともに、後日、4輪車で訪れていますので、後程、紹介します。


himajintaro at 07:00│Comments(0)観光 | お食事処

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
初めての庄内  霊峰月山を越えて初めての庄内  妻からのお使い