龍ヶ岳登山 2013.6.10初めての庄内  霊峰月山を越えて

2019年09月08日

初めての庄内 2013.8.22 寒河江ダムで朝食

まだ、遅山仙人とはツーリングに行ってない、リアのショックアブソーバーがノーマルだったころの頃の話です。

自宅からは、鶴岡市や酒田市へ行くよりも福島市へ行った方がはるかに近いので、金山峠と稲子峠を越えて国道399号を走って福島や宮城に出かけていました。

同じ山形県内でも日本海側(庄内地方)へは遠いので、なかなか出かけることがなかったのですが、思い切って、月山の六十里越(旧道)を走って、日本海側に出かけてみることにしました。

朝5時出発して、紅葉の本導寺を行く 2014.10.26のルートを走りました。

途中、この年も汚れていた横岫(よこぐき)の新水ヶ瀞ダムを見ながら、本導寺へ向かいました。

IMG_0324

IMG_0327

国道112号の風吹大橋(かざほこおおはし)の真下から一気に国道112号に駆け上がります。

寒河江ダム

この風吹大橋には思い出があります。寒河江ダムが工事中で付け替えしていた国道112号の風吹大橋の先が土砂崩れで通れなくなりました。

この時、大井沢出身の大学の研究室の同期と朝日連峰縦走を予定していました。山形から月山に行く路線バスに乗り、寒河江ダムの先の月山沢で降りて、大井沢行きのバスに乗り継ぐはずでした。

土砂崩れで月山まで行けなくなり、バスは本導寺行きに変わりました。本導寺を降りて、同期3人で国道112号にある湯殿山神社まで登山リックを背負って登りました。そこから、風吹大橋を渡り、土砂崩れがあった斜面の上に作られた作業道を歩いて、土砂崩れ現場の先に出ました。

そこには、同期の父親が迎えに来てくれていました。同期の家に泊り、迎えに来てくれた父親のガイドで2泊3日の朝日連峰縦走を達成しました。

実は、この同期の家というのは2016年に公開された映画「いしゃ先生」のモデルになった大井沢の女医・志田周子(しだちかこ)先生の家だったのです。この当時は、同期から先生について詳しく教えてもらい、先生の伝記や短歌集があったので借りて読んでいました。

後年、先生の人生が映画化されるとは大井沢の人たちは誰も思っていなかったでしょう。

IMG_0328

IMG_0330

寒河江ダムに着いたのは6時半ごろでした。朝食の準備をしていたら、ロードバイクで寒河江ダムの駐車場に上がってきた人がいました。寒河江市内から早朝走ってきたそうです。これから、折り返して寒河江に戻って着替えて朝食を済ませ、職場に向かうそうです。

朝飯前のスポーツとはいえ、自転車でここまで来るのは相当の運動量と思います。お気を付けてと見送りました。

IMG_0329

朝食は焼きおにぎりと野菜入りの卵焼きとスポーツドリンクとレギュラーコーヒーです。この時は、まだ、アルマイトのやかんは登場しません。登場まではしばらく時間を要します。

IMG_0331

朝食を済ませたら、月山沢から志津に向かって、パワー不足のリトルカブを目一杯アクセルを吹かして登って行きました。


himajintaro at 07:00│Comments(0)単独ツーリング | 自然

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
龍ヶ岳登山 2013.6.10初めての庄内  霊峰月山を越えて