有機モリブデンをもらうリアのショックアブソーバー交換

2019年09月03日

紅葉の本導寺を行く 2014.10.26

遅山仙人の先祖が山形県西川町大井沢出身で、さらに、親戚が西川町本導寺(ほんどうじ)にいるという話を時々するので、本導寺に行ってみようかということになりました。

昔は本導寺は岩根沢 岩根沢三山神社編で紹介したような月山登山のベースキャンプ的な集落でした。

寒河江ダムの建設に伴う現在の国道112号(月山新道)ができる前は、月山や鶴岡市、酒田市へ向かう道路の宿場町でした。

この国道112号は交通量も多く、ツーリングには使いたくないルートなので、寒河江川の右岸を走るルートを取りました。

hondouji03

本当はGoogle マップのマイマップを使いたいのですが、肝心なGoogle Chromeでは、道路ポイントが飛んでもない場所を表示したり、Microsoft Edgeでも道路のルートをうまく染めてくれなかったりとかで不都合があり、諦めています。

hondouji02

寒河江川の右岸は交通量も少なく、快適に走れます。

西川町吉川に母の叔父が住んでいて、子供頃、今は無き三山電車に乗って海味(かいしゅう)まで行きました。三山電車は旧国鉄の羽前高松駅(寒河江市)から間沢駅(西川町)まで寒河江川と並行に走っていました。

ちょうど、この日は快晴で、紅葉前線が下の方まで降りてきて、とてもいいロケーションの中を走ることができました。

IMG_4472

IMG_4470

寒河江ダムの下流、横岫(よこぐき)にある新水ヶ瀞ダムに着いた時に、福島県伊達市保原に住む知り合いのベンガル人(バングラデシュ)の男性から朝早く電話が入りました。

この年の年末にバングラデシュ渡航を予定したのですが、バングラデシュの政治情勢が変化して、その対応をどうするかの連絡でした。前日の夜に、渡航先の学校の経営者から連絡が入っていました。

IMG_4473

新水ヶ瀞ダムの水は濁っていました。この年の夏、上流の寒河江ダムの水が濁って水道水として利用できなくなり大騒ぎをしました。この時期になっても、まだ、川の水の濁りは取れていませんでした。

寒河江ダムができてから、約35年でダムに砂利が溜まってダムの貯水量が大幅に減っている状況です。上流に朝日連峰や月山の山々が肩を並べています。分水嶺からダムまでの間で、毎年多くの砂利が発生し、ダムの貯水量を減らしています。

本来なら、海では砂浜の砂になっているはずなのですが、このように、上流からの砂利の供給が止まって、砂浜が痩せているのは全国的な傾向にあります。

ついでなので、もう一つ。寒河江ダムの水は山形県内陸部に広く供給されています。ただ、山形市に限って言えば、蔵王連峰にある蔵王ダムと最上川からの水で充分間に合っているのです。

ところが、周りの自治体に義理立てして寒河江ダムの高い水も買っているため、山形市の水道料金を上げる原因になっています。

IMG_4474

IMG_4479

hondouji01

仙人の親戚だと思われる家を探し出しました。本導寺にある湯殿山神社の神主の家でした。その家に人によると、近々、仙人の叔母が訪れる予定があるとのことでした。

hondouji04

自分の身内の家を見つけられたことで、仙人は大喜びでした。社会科の先生だけに、歴史には特に興味があり、自分の家系についても研究しています。ただ、近所の近い身内の悪口や批判をするのが玉に瑕です。

IMG_4487

紅葉に囲まれ、小春日和の暖かい本道寺で昼食を取り、2時間以上滞在しました。仙人は満足して、もと来た道を戻りました。

途中、寒河江市谷沢から広域農道(スーパー農道)に入り、中山町岩谷にある岩谷観音に立ち寄りました。ここは、現在、NHKで再放送している「おしん」の実家があった場所で主演の音羽信子が冬のロケで潰れた実家を訪れています。

IMG_4506

仙人よると、この岩谷地区の小学生の自宅を小学校教師だった仙人の母親が家庭訪問したとのことでした。

仙人に所縁のある場所を回った一日でした。

IMG_4510

夕焼けがきれいでした。


himajintaro at 07:00│Comments(0)グループツーリング | 自然

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
有機モリブデンをもらうリアのショックアブソーバー交換