花立峠、鍋越峠ツアー  鳴子温泉で足湯花立峠、鍋越峠ツアー  宝栄牧場でイタリアンパスタ

2019年08月27日

花立峠、鍋越峠ツアー  加美町どどんこ館へ

どどんこ館

鳴子温泉の源泉の足湯を発ち、国道47号(地図上では国道108号を兼ねる)を少しだけ東に走り、途中、川渡から右に入り県道鳴子小野田線を加美町宮崎のどどんこ館に向かいました。

詳しい写真はありませんが、山と言うより山間を縫うように走り、丘陵といった感じで緩やかな上り下りがありました。

最初に鳴子から鍋越峠の国道347号に抜けるにはどのルートを走ったらよいか思案しました。薬莱山へのツアーで紹介したように鳴子から林道を走って加美町に抜けるルートが何本かあるのは分かっていましたが、確実に昼前には国道347号に抜けたいので、今回のルートを取りました。

ただ、2年前のGoogleマップには県道鳴子小野田線が正確に載っていなかった記憶があります。国土地理院の地図でも途中で道が狭くなり、いつもの様な狭くて林道や農道のような県道ではないかと思い、とりあえず行ってみようということになりました。

実際は道幅が6mはある普通の舗装道路でした。国土地理院の2万分の1地形図はGoogleマップと違い更新の間隔が長いので情報としては古くなっている可能性があります。こういうこともあり、必ず、複数の地図を併用して確認することとしています。

IMG_20170805_111432

IMG_20170805_111445

どどんこ館に着いたのは、11時ごろでした。昼食に考えていたパスタを密閉容器に水とともに入れて、後ろのボックスにしまい込んでから、中に入りました。

どどんこ館については、今まで2回紹介してきました。薬莱山へ やくらい薬師の湯へ牡鹿半島 加美町~山形編です。

この時は美味しそうなニラと肉厚な椎茸を家に買って帰りました。遅山仙人も野菜と漬物などを買って行きました。

IMG_20170805_220940

このニラと椎茸は、後日、餃子の具になりました。

どどんこ館を後にし、国道347号を西に進み、山形県との県境にある鍋越峠から昼食場所に考えていた尾花沢市営の宝栄牧場をめざしました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
花立峠、鍋越峠ツアー  鳴子温泉で足湯花立峠、鍋越峠ツアー  宝栄牧場でイタリアンパスタ