オープンガーデンそら 2019.8.4ブラックバスを使った料理 ムニエル

2019年08月19日

久しぶりにブラックバス釣りに 2019.8.9

昨年は養殖しているミミズの成長が悪く、ブラックバスは釣ることができませんでした。今年は、生育状態も良く、久しぶりに上山市の前川ダムに食料調達に出かけました。

IMG_1014

IMG_1016

IMG_1019

ガソリンが少なかったので携行缶で給油し、日の出前の朝4時30分に出発しました。

前川ダム

前川ダムへは、いつも裏口から入ります。国道13号からが正面になりますが、二桁国道は走りたくないので裏街道を走ってきます。

IMG_1022

IMG_1020

平日なので、バスラーは全くいないことが多いのですが、この日は平泉ナンバーの車が一台止まっていました。

このダムはブラックバスのメッカで全国的に有名で大会などが行われると聞いたことがあります。多分、大物がいるのでしょう。

前川ダムは、元々、忠川池という農業用の小さなため池でした。農林水産省の補助金をもらって、山形県の県営事業で作られたロックフィルダムです。

IMG_1025

夏の渇水期なので、水はかなり少なくなっていました。

IMG_1048

見える魚は釣れないといいますが、ここは例外です。

IMG_1027

動いているミミズを食べにくる魚たちが見えます。

一番最初にヒットしたのはブルーギルでした。ブルーギルは小さい口で少しずつ食べにくるので、ウキの動きが小刻みに動くでブルーギルであることがすぐにわかります。

ブラックバスが見えている状態でよく観察すると、直ぐに食べにくるのではなく、一回、立ち止まってミミズの動きを見ます。本物だと確信すると大きな口で一気に飲み込みます。今回は、ウキの動きに関係なく、ミミズが口の中に消えた瞬間釣りあげることができました。

案外、人間に警戒することなく、餌を食べてくれました。

IMG_1041

ただ、大きいサイズでゆったりと泳ぐバスや白と黒の二匹で泳いでいるバス、水面に口を出して泳ぎ回るバスは、ミミズには見向きもしません。

バスラーの釣りは、バスのいそうな所にルアーを放って食い気を誘って大物を狙いますが、ミミズ釣りの場合は、ミミズを放っておいて泳いで来るバスに食べてもらうというフナ釣りと同じやり方です

釣りあげたバスは、脳を千枚通しで刺した後、出刃包丁でエラの裏の血管を切り血抜きします。その後、専用の針金を使って脊椎を貫通させて、神経締めします。

こうすることで、死後硬直せずに、新鮮なまま、持って帰ることができます。この方法は、宮古島の漁師相手に水産庁の職員が神経締めの講習をしているYouTubeを見て覚えました。

IMG_1049

朝5時から8時までの3時間の釣果はブラックバス6匹、ちょっと大きめのブルーギル1匹でした。

IMG_1060

早速家に持ち帰り、一次処理をしました。神経締めをしているので死後硬直せず、処理が大変楽になります。

IMG_1061

一番大きいもので28cmでした。いわゆる、尺ものを釣りたいところです。1cm違うだけで身の付きが大きく違います。35cmなら、かなり身が厚くなります。大きいサイズのバスは、ルアーで上手に騙して釣るしかないのかと思います。

ブルーギルは元々平たい魚なので、大きいサイズにならないと食べられるほどの身を付けてくれません。

IMG_1065

先ずは頭と内臓を落とします。

IMG_1072

IMG_1078

次に三枚に下します。

IMG_1079

IMG_1082

この後、皮をはぎます。ここが臭みのあるところです。

IMG_1083

IMG_1084

きれいな白身の魚です。三枚に下して、皮をはいでしまうと、身が小さくなってしまいます。一枚一枚、ラップに包んで冷凍します。虫がいるので冷凍保存しておきます。

IMG_1086

これで一次処理は終了です。次回は、調理例をご紹介します。


himajintaro at 07:00│Comments(0)単独ツーリング | 釣り

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
オープンガーデンそら 2019.8.4ブラックバスを使った料理 ムニエル