青沢峠を越えて帰宅百姓そば屋「ごすけ」へ 2017.8.26

2019年07月21日

羽根沢温泉から酒田へ抜ける 2017.8.26

2015年6月、山仲間S氏の誘いで、鮭川村で行われた米湿原オカリナコンサートに遅山仙人とカブで参加しました。この時、会場近くに昼食場所が探せず、食料を求め、羽根沢温泉近くの食料品店に入りました。

その時、店主から林道を走り酒田からバイクが走ってくる情報を得ていました。このルートがあることは以前から知っていました。

山形から日本海の港町・酒田に行くには、先日の月山を越える国道112号(六十里越街道)、新庄から最上川沿いに走る国道47号、そして、真室川町から青沢峠を越える国道344号が一般的です。47号と344号の間を走るのがこのルートになります。

羽根沢05


まず、目指すは鮭川村羽根沢温泉。温泉は米湿原まつり 2018.6.17 羽根沢温泉編で紹介しています。

羽根沢温泉から林道を登っていきます。この時は、Googleマップでは道が途中までしかありませんでした。国土地理院の2万5千分の1地形図でしか確認ができませんでぃた。

IMG_20170826_093103

IMG_20170826_093327

上の「一般通行禁止」は左側の国が管理している林道のようです。

IMG_20170826_095715

IMG_20170826_095519

この道路は間違いなく林道です。しかし、この記事を書くために昨日紹介した「山形県の通行規制情報」を見ると主要地方道新庄鮭川戸沢線(315号)とあります。また、Googleマップにも全線表示してありました。

憶測でしかないのですが、一般県道、主要地方道、都道府県政令指定都市管理国道は国からの地方交付税をもらえる道路になっているので無理やり主要地方道に昇格(県議会の承認は必要ですが)させている可能性があります。実際、登山道を県道にしている路線があります。

ところが、この道路は、とても路面状態が悪く、オフロードバイクかスーパーカブでないととても走ることができません。

IMG_20170826_094223

IMG_20170826_095001

IMG_20170826_100049

IMG_20170826_100847

上の写真以外にも路面を水が走り、大きく深くえぐれて、オンロードバイクではとても走れそうにないところがたくさんありました。

IMG_20170826_095553

林道の途中にはたくさんの案内板が設置してありました。それによると、この道は、酒田と出羽国(山形)の内陸部を結ぶ最上川による舟運(しゅううん)交通とともに、人馬による酒田と内陸部を結ぶ大事なルートの一つであったようです。元々、最上川沿いには酒田から新庄までを一つに繋ぐ道が無かったので、交通の要所だったと思われます。

また、案内板によると羽根沢温泉が開湯されたため、酒田方面から湯治客が訪れたようです。

IMG_20170826_100724

IMG_20170826_101309

IMG_20170826_101326

与蔵峠に行く登山口があり、四輪駆動車や車高の高い車で入る登山客や山菜取りをする車が入っていると思われます。

IMG_20170826_101715

IMG_20170826_101924

道路上の最高標高点付近は600m足らずでしたがブナ林でした。正直、この光景は驚きでした。本来はもっと高い地点でないとブナはお目にかかれません。

IMG_20170826_101822

IMG_20170826_102440

IMG_20170826_102601

酒田の方に緩やかな下りが続き、雑木に交じったブナ林に入ると路面が一面枯れ枝や落ち葉で一杯になり走りにくいところに差しかかり、チェーンが外れたのに気が付きました。単純にチェーンが外れたのではなく、リアの車軸の位置を調整して、チェーンの張り具合を変えるチェーンアジャスターが折れていました。

多分、落ちている枝がチェーンに絡んで強い力がかかり、ネジ部分が折れてしまったと思われます。私はチェーンカバーをしていないために、こんなトラブルに巻き込まれたと思われます。

IMG_20170826_103648



315pROIaGgL._SL500_AC_SS350_


こういう時にどう対応したか。とにかく、有り合わせの針金で縛って、何とかチェーンを張って、できるだけエンジンをかけずに下って行きました。そして、仙人に頼んで、道路沿いに太い針金があるか探してもらいました。林道は工事や案内用の看板やバリケードの設置のために番線と呼ばれる太い針金を使っていることが多いのです。そして、予想通り、仙人は番線を見つけ出してくれました。

危うく、気落ちして、探すことさえ諦めると、とてもその日のうちに帰ることができなくなります。何事も諦めないことと最低限の工具や修理部品は持ち合わせることが大事であると痛切に感じた日になりました。

IMG_20170826_121530

それから何とか応急修理をして辿り着いたのが、農家そば屋・居酒屋「ごすけ」です。


himajintaro at 07:00│Comments(0)グループツーリング | 道路

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
青沢峠を越えて帰宅百姓そば屋「ごすけ」へ 2017.8.26