クラッシックのレコードいただきました。初めて乗った普通車のグリーン車

2019年07月13日

リトルカブ使わず宇都宮へ

宇都宮の介護福祉施設に入居している叔母が癌だという知らせが入り、昨年の10月3日、急遽、リトルカブで宇都宮に行くことになりました。しかし、持って行く物が多く、宇都宮市内の駐輪場が早朝から開いていないこともあり、新幹線に切り替えて出かけました。

43012756_1873406609381242_155392780057706496_n

叔母は私の父の一番下の妹です。異父兄弟だったため小さい頃から兄姉たちから冷たく扱われたと言います。祖父が40代で亡くなったため、祖母が寂しさを紛らわすように旅芸人を追いかけ、身ごもったのです。

成人して消防士と結婚し、長男を出産して直ぐ、夫が発見者で放火の嫌疑がかけられました。執行猶予の判決が出て間もなく、夫は離婚し、長男を連れて愛人とともに叔母の元からいなくなりました。

今考えれば、おかしいことだと思います。結婚して何年も経たない夫が出産後間もない妻をかばわず、放火したことを証言したのです。愛人がいたことは叔母も気がついていました。消防士が発見者であれば裁判は不利に決まっています。

叔母は今でも放火した記憶が無いと言います。

今回の渡航は、叔母が転んで大腿骨折で手術をしたというので、東京の知人に会いに行くついでに出かけることになったのでリトルカブは使いませんでした。

IMG_20190615_084510

叔母は宇都宮でバーテンダーをしていた男性に拾われ、スナックを経営するまでになりました。叔母は幼いころから面倒を見てくれた私の父を頼って、しばしば、山形に帰省していました。私も度々、宇都宮の叔母の所に遊びに行っていました。しかし、男性のDVにより別れることになります。

42956514_1873569866031583_4554290871507353600_n

叔母は客の借金の保証人になりました。闇金から逃げた客のため叔母は組事務所に軟禁され、うつ病とパニック障害を患い、長期の入院をすることになりました。この間、叔母を慕い支援してくれていた男性が癌のため入院し、叔母に会いたい希望が叶えられずに帰らぬ人となってしまいました。

その後、宇都宮市の生活保護を受けることになりました。

42966954_1873569896031580_7224932696147886080_n

膝関節や股関節を患い、車いすの生活をせざるを得なくなりました。そして、今まで住んでいたアパートを引き払い、介護施設で暮らすようになりました。

それから数年後、叔母のケアマネジャーから連絡が入り叔母が癌であることを告げられました。たまたま、施設に住む叔母へ年賀状を送ったことで私の連絡先がわかったのです。

宇都宮市役所の生活保護担当課を訪ねました。担当のケースワーカーには会うことができませんでしたが、その日のうちに電話で話すことができました。

何処にいるのかわからない実の息子にも見放され、当時存命だった兄姉たちにも相手にされず、生活保護費を受給することになったとケースワーカーは教えてくれました。

IMG_20190615_115509

叔母の癌は進行せず、大腿骨を骨折し、術後の経過は良いものの相変わらず車いすの生活でした。まだ若いのですが、記憶が欠落していたり、妄想が出てきたように感じてきました。

43165812_1876219602433276_7257302279814905856_n

今回も前回と同じホテルに泊まりました。前回、偶然にも予約したこのホテルの支配人と叔母が知り合いでした。叔母は仕事帰りに風呂を度々使わせてもらったそうです。

さらに、偶然が続き、ホテルの近くで入った餃子屋さんが、叔母の店のすぐ近くにありました。

43013735_1873612102694026_2073216121489588224_n

43083429_1873612146027355_5527908198859669504_n

父は広い心を持つ人でした。叔母を不憫に思い、昔から叔母を支援してきた私の父も、55歳の若さで、この世を去りました。そんな父の子であることを誇りに思っています。

今、叔母の母方の甥姪はたくさんいますが、兄姉は誰も残っていません。叔母の最期は私が面倒みることが父の供養と思っています。

叔母が存命のうちに、リトルカブで宇都宮に行こうと思っています。


himajintaro at 17:25│Comments(0)よもやま話 | お食事処

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
クラッシックのレコードいただきました。初めて乗った普通車のグリーン車