県境の長いトンネルを抜けると奥新川だった。奥新川駅前で懇親会しました。

2019年06月28日

行ける所まで行こう。

行ける所まで行こうというのはリトルカブツーリングと同じ。通行止めがどこなのかを確かめるべく、奥新川コースを歩き始めました。

IMG_20190607_095240

IMG_20190607_095243

IMG_20190607_095405

しばらく歩いていくと奥新川神社がありました。

IMG_20190607_095742

神社のちょっと先に仙台と山形を結ぶ仙山線を直流電化した時の遺構(昔の施設)が残されていました。

IMG_20190607_100159

IMG_20190607_100209

IMG_20190607_100249

IMG_20190607_100331

県境の長いトンネルは日本でも有数の長さと日本でも初期の直流電化だったことを小学校の社会で習った記憶があります。

今でこそ、山形からは山形新幹線で米沢、福島を通って東京に行けるようになりましたが、戦後しばらくは難所の板谷峠をスイッチバック方式で蒸気機関車が走っていました。

それに比べると、仙山線の電化は昭和12年だったので、仙台と山形を結ぶ仙山線がいかに重要であったのか伺い知ることができます。

今では、朝には5分間隔で走る仙台・山形の都市間バスに主役の座を奪われてしまいました。

IMG_20190607_100434

IMG_20190607_100718

IMG_20190607_100738

仙山線直流電化の遺構から、しばらく進むと何台かの自動車がありました。どうも、渓流釣りの人たちの車のようです。山で駐車をするときのルールですが、基本、帰る方向に駐車します。また、Uターンする場所には車を置いてはいけません。この先にUターンできる場所がないとバックのまま、延々と来た道を走らなければなりません。

IMG_20190607_103342

IMG_20190607_103306

駐車している場所から少しくと道は狭くなり、軽トラックでもないと行くことができない状態になります。

IMG_20190607_102256

ここから右側を降りていくと南沢の渓流に行くようですが通行止めになっています。釣り客は、ここを下って行ったと思われます。

そのまま左側を進むと視線の先に仙山線の赤い鉄橋が見えてきます。

IMG_20190607_102325

左側の道も赤い鉄橋の前で通行止めになっていました。

ちなみに、この鉄橋は2年前の2017年10月に塗られたようです。エポキシ系の樹脂を3層に分けて塗り、表面はウレタン系の樹脂を使っているようです。通常は人間の手による刷毛塗りです。スプレーガンを使って塗ると厚みは有っても寿命が短いのです。人間の手に敵わないものもあるのです。完成検査の時に塗膜厚を測る器械を使います。

IMG_20190607_102341

IMG_20190607_102502

歩けるのはここまでなので、折り返して、奥新川駅に戻りました。



himajintaro at 20:18│Comments(2)登山 | 観光

この記事へのコメント

1. Posted by うめ   2019年06月30日 18:12
5 私も一度、鉄道の廃線を歩きました。
懐中電灯を必ず持ってくるように!と指示を受けました。
で、行ってみるとトンネルがいくつかあり、トンネル中は真っ暗!で懐中電灯忘れなくて良かったです。長いものは200m以上長いものもあって。
すいません。自分の事ばかりで…
昔は重要な役目を果たしてくれていた鉄道線は今、歩けてその重要性を楽しみながら歩けるっていいですよね!
2. Posted by 閑 甚太朗   2019年07月01日 20:40
うめさん

コメントありがとうございます。
鉄道の廃線を訪ねられたそうですね。トンネルが残っているところで一般の人が
歩ける廃線があるのですね。
鉄道に限らず、モータリゼーションの繁栄によって役目を終わった街道と呼ばれる
道路でもトンネルが残っているところは有りますが、崩落の危険があるので立ち入
り禁止というのが多いですね。
昔の人々の思いや苦労を感じながら歩くのは良いことですね。
また、お気づきのことがあればコメントしてください。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
県境の長いトンネルを抜けると奥新川だった。奥新川駅前で懇親会しました。