気になる富士山釣りのポイントを彷徨う

2019年06月11日

部品交換会なのかエコガレージセールなのか?

三春藩カブ主総会で福島県のカブ主さんから聞かれた2輪パーツのフリマらしきイベントに、いつもの遅山仙人を連れ立って出かけました。

会場の国道112号道の駅『チェリーランド寒河江』隣の河川敷に午前9時に到着しました。ネットを見ると朝4時からの開催で、良い部品を求めて県内外からたくさんのお客さんが訪れるとありましたが、朝3時に仙人の家を出るのは不可能なので、この時間となってしまいました。

ネットには山形部品交換会とか玉虫エコガレージセールとか書いてありましたが、どれが正式なイベント名かわかりませんでした。

IMG_20190526_082415

着いて早々、仙人がトラブルを起こしました。走行距離5千Km、50ccFIのスーパーカブを見つけました。エンジンを掛けようとしたので、「冷やかしなら止めろ」と忠告したのですが、掛けてしまいました。

4万円という格安な値札が付いていたのですが、仙人は「店はどこだ」と言い始めました。売っている人は、米沢とのこと。「欲しいなら、道の駅のATMで現金を下してくるから金貸すよ」と私が彼に伝えても、すぐに買うと仙人は言わないのです。困った売主は、「自分が所有者ではない、所有者は今日、この会場に来ている」と言っているうちに所有者が現れました。

相変わらず、「店はどこだ」「明日まで待ってくれ」と所有者に言い出しました。しかし、所有者から「店は無い」「そんなの売らない」と一喝されてしまいました。

仙人の失敗は、フリーマーケットのような常設の店舗を持たない、自己責任の即金払いのシステムを知らなかったことです。今までフリーマーケットで買い物をした経験が無いというのです。とかく、学校の先生は世間知らずと言われる典型的な事例に遭遇しました。

細かいやり取りのニュアンスはとても表現できませんが、そばにいて、何と恥ずかしいかったことか。遠く離れて見ていた方が良かったと後悔も先に立たずでした。実は、ブログにはあまり書きませんでしたが、このような恥ずかしい事例がたくさんあるのです。

IMG_20190526_082704

IMG_20190526_082936

とにかく、いろんな物が並んでいました。

IMG_20190526_083222

IMG_20190526_083355

一昔前のガラクタかと思われるような品々がたくさん。思わず、古物商の免許持っているのと叫びたくなるような、フリマだから免許いらないと返されるような、なんだか、訳が分からない。

IMG_20190526_083525

マメトラや振動コンパクタなどの作業機械。整備マニュアル。もちろん、高価なスーパーカブのマニュアルは売っていません。

IMG_20190526_083859

IMG_20190526_083924

IMG_20190526_084010

パワーフィルターやキャブレター。フロントフォークやタイヤ、ホイール、サス。ハンドル、マフラー、バックミラー。コンロッドやクランク、シャフトなどの腰下部品。とにかく、何でもあり。

山形県内の全てのカーディラーが出資して作った4輪のリサイクルセンターは東根市にあります。部品もたくさん売ってはいますが、こんな、マニアックな部品は売っていません。もちろん、4輪は車検がありますが、車検のない原付ではどんな部品を使おうと自己責任です。

IMG_20190526_084221

IMG_20190526_084510

ニセハンターカブ(偽ハンターカブ)なる物も売っていました。

IMG_20190526_084500

IMG_20190526_084643

ノートパソコンまで売っている始末。デュアルコアクラスのCPUを使っているものでした。さすがに、初代i3、i5クラスの物はなかったようです。

IMG_20190526_084751
ヤマハGT80。以前紹介したモトクロスの元県チャンピオンで山仲間だった故人が同じものを愛用していました。鳥海山の林道走行でオーバーヒートを起こして止まった時のことを思い出しました。

ガスケットにブレーキワイヤー、ハンドルグリップ。どうやって集める(仕入れ)のでしょうかね。
IMG_20190526_084959

IMG_20190526_085744

トラックの荷台が店舗という面白い店もありました。

IMG_20190526_085755

結局、何も買わずじまいでした。秋も開催されるようなので、その時は、朝早く、私一人で来ることにします。

小一時間、会場を見渡した後、仙人が寒河江川の釣りのポイントを教えてくれるというので、寒河江川を下ることになるのですが、この後、ずーと、トラブルに見舞われることになるのです。この続きは次回に。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
気になる富士山釣りのポイントを彷徨う