慣らし運転 大平のユキツバキシリンダーヘッドカバーのボルトとタペット調整

2019年05月14日

エアーフィルターの交換

極力、回転数を上げないで慣らし運転をしましたが、思いのほか、パワーを感じることができませんでした。

いつもバイクについて助言を受けている、知り合いの理髪店の店主に相談したところ、空気の吸い込み量が足りないのではという、ご指摘を受けました。

言われてみれば、今回の高圧縮ピストンを導入するために購入したキットにパワーフィルターが付属していたのですが、最初の慣らし運転の時は、標準のエアーフィルターを付けたまま走っていました。

そこで、パワーフィルターに交換してみました。


IMG_20190505_053912

標準のエアーフィルターを外しました。

IMG_20190505_054606_BURST001_COVER

IMG_20190505_053718

IMG_20190505_054515

キットに付いていたパワーフィルターに交換しました。

IMG_20190505_054958

IMG_20190505_055029

IMG_20190505_055206

そして、i - map カプラーオンという電子回路のディップスイッチをノーマルフィルターの2からパワーフィルターの3に切り替えました。

IMG_20190505_055219

さらに、タペットクリアランスの調整については次回の記事にて紹介します。


himajintaro at 20:50│Comments(0)メンテナンス 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
慣らし運転 大平のユキツバキシリンダーヘッドカバーのボルトとタペット調整