2021年03月11日

簡単にタイヤ交換しました。

2021.3.11

10年前の今日は東日本大震災の日でした。発災当日、道路の完成検査が終わり、車に乗った瞬間、ものすごい揺れに襲われたことを思い出します。終業後も帰宅しないで残るよう指示があり、自家発電の電力でテレビを見て、次々に押し寄せてくる津波の映像に驚愕した思いが忘れられません。

多くの犠牲者の方々に哀悼の意を表します。

10年経った今日、年休消化で休暇を頂き、愛車リトルカブのすり減ったり、劣化してヒビが入ったタイヤとチューブを交換しました。

実は先週、息子のスーパーカブのタイヤ交換を頼まれましたが、手こずったこともあり、YouTubeを参考にして簡単に交換することができました。

参考した動画は以下の「OFFロードバイクタイヤ交換 チューブ噛まないコツ教えます。#10」です。スーパーカブのタイヤではないのですが、このやり方でやると1本10分足らずで交換できました。




IMG_8261

前のタイヤはIRCの2.5-14で減りは少ないのですがヒビが入り、後ろが減っているのでチューブとともに交換しました。

IMG_8264

タイヤレバーにガムテープを張り付けることと、一旦レバーを入れたら外さずスライドさせて、少しずつタイヤをリムから外していくのがポイントでした。

IMG_8265

新しいタイヤはDUNLOPのD107の2.5-14です。縦溝のパターです。

IMG_8266

最初にチューブをタイヤに入れて、空気を入れて膨らませたままバルブの部分から組付けるのがポイントです。

IMG_8269

IMG_8270

ビードクリームが無かったので石鹸水を使い、ガムテープを張ったレバーにも石鹸水を塗ります。

レバーの使い方は、外すときと同じ要領です。最後の部分で組付けがきつくなるので、一旦空気を抜いて組み上げます。そうすると、簡単に組み上がります。

IMG_8271

IMG_8274

同じ要領で後ろのタイヤも交換しました。

IMG_8275

後ろのタイヤはIRCの2.75-14で、減って滑るようになりました。リトルカブは規格では後ろは幅が広いタイヤを使っています。

IMG_8277

新しいタイヤはDUNLOPのD107の2.75-14を履かせました。

IMG_8278

今回はIRCから、以前も使っていたDUNLOPに切り替えました。IRCは日本製でしたが、マメに手入れしていたにもかかわらず、ヒビの入り方が早かったので2回目は無しとしました。

とにかく、YouTubeの動画が大変参考になりました。


himajintaro at 22:01|PermalinkComments(0)メンテナンス 

2021年03月07日

リトルカブ冬眠から覚める

昨年12月二週目から冬眠に入ったリトルカブですが、明日からバイク通勤を再開するので、冬眠から覚まして、準備を始めました。

IMG_8191

自宅で静養中だったバッテリーに充電しましたが、南側の日の当たる暖かい窓越しで過ごしていたためか、ほとんど、電圧も落ちていませんでした。

IMG_8193

リトルカブに取り付けて、セルで一発始動。タコメータのマイナス線を付けるのを忘れで、付け直しましたが、タコメータもヘッドランプも正常稼働しました。

IMG_8194

その後、エンジンオイルの交換をしました。

IMG_8197

ちょっと近所を走ってエンジンを暖め、いつもの如く、専用鍋で回収しました。

洗浄用のフラッシングオイルはオイルが薄まるとのことで、オイルを抜いた後、ドレインのネジを絞め、交換用のオイルを200ml程度入れて、エンジンを回した後、再度、オイルを抜き取りました。

IMG_8196

オイルは残っていた広島高潤とAZの二つをブレンドしました。

IMG_8198

さらに、昨年から導入した京都の斎藤商会のモリブデンを添加しました。

リトルカブの最大エンジンオイルの量が800mlなので指定混合割合である5%の40mlを薬剤散布の軽量用注射器で測って計量カップに入れます。

そこに、ブレンドしたエンジンオイルを加えて、600mlにしてエンジンオイルの注ぎ口に投入しました。

IMG_8200

今日はバッテリーの取り付けとエンジンオイルの交換をして、明日の朝から、リトルカブで出勤です。

タイヤが摩耗してサイドにヒビが入り劣化してきたので、来週、交換する予定です。


himajintaro at 21:02|PermalinkComments(0)メンテナンス 

2021年02月23日

羅名さんがYouTubeでトマトスパゲッティの作り方を紹介


前回、東京葛飾京成本線堀切菖蒲園駅の焼肉牛将のマスターで下町のベンガル人橋本 羅名(ラナ)さんが日本の国民食であるカレーライスの作り方をバングラデシュの国民向けに紹介しました。

スパゲッティ02

第二弾として、トマトスパゲッティの作り方を紹介しています。

スパゲッティ03

バングラデシュの国民向けのためにベンガル語での紹介ですが、内容は分かりやすいものになっています。

スパゲッティ04

私は20年以上前からバングラデシュに行っているのですが、日本で麺と言われるような麺をバングラデシュで見たことがありません。

中華料理店もたくさんあるのですが、ほとんどはビーフンです。もちろん、日本のラーメンなど見たことがありません。最近はタイで売られている辛いインスタントラーメンを見かけるようになりました。

スパゲッティ05

スパゲッティ06

スパゲッティ07

何年か前に料理人である息子とバングラデシュに行ったとき、ホームスティ先の貧しい子供たちのための学校アロアシャ学園の食堂で二男がイタリアンパスタを作ってくれました。

パスタとオリーブオイルと包丁は息子が日本から持って行きました。たくさんの学校関係者に振舞いましたが、本格的なイタリアンパスタに驚きました。

スパゲッティ08

スパゲッティ09

羅名さんの作り方の特徴はトマトの他にキャベツを使うこと。そして、パスタを茹でるときに湯の中に塩とオリーブオイルを入れること。さらに、最後にエクストラバージンオリーブオイルをかけて、オリーブオイルの風味を付けることです。

スパゲッティ10

スパゲッティ01

私はイタリアンシェフに習って本格的なイタリアンパスタを作りますが、基本はほとんど同じです。ニンニクとオリーブオイルの使い方次第で美味しさが変わります。羅名さんの豪快なニンニクの使い方には圧倒されました。

是非、YouTubeをご覧ください。一番最初の写真と下のURLをクリックすると見ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=aD6LCrDTix4





himajintaro at 06:37|PermalinkComments(0)お食事処 | よもやま話

2021年02月11日

羅名さんがYouTubeでカレーライスの作り方を紹介


Ranaさんカレー

東京葛飾京成本線堀切菖蒲園駅の焼肉牛将のマスターで下町のベンガル人橋本 羅名(ラナ)さんが日本の国民食であるカレーライスの作り方をバングラデシュの国民向けに紹介しています。

スーパーマーケットで材料となる鶏肉やタマネギ、ジャガイモ、ニンジンについて、商品のパッケージから、一つ一つ説明しています。また、刺身やワサビの紹介もあります。

そして、国民食としての不動の地位を築いたカレールーについても、多彩な種類があることを紹介しています。

買い物から帰ると、早速、牛将の厨房で調理を行います。ここでも、材料と調理方法について説明しています。カレールーの正体は固形のカレーペーストであり、作る量に応じて、ルーを小分けにできるように容器の形状が形作られていることを紹介しています。

普通に食べているカレーライスですが、手際よく、大きな鍋で鶏肉から炒めて油を出して野菜も一緒に炒めてから煮て、カレールーを入れると出来上がります。さすがに料理のプロに手にかかると美味しく見えます。

羅名さんはシンプルでヘルシーで美味しいと日本のカレーライスを褒めてくれています。

ぜひご覧ください。ベンガル語での紹介ですが、日本人ならば十分にわかる内容です。

上の写真か下のURLをクリックすると紹介ビデオにリンクします。

https://www.youtube.com/watch?v=C14uIB7yiGQ&feature=share&fbclid=IwAR24BiaoAbQWMTverJF5_zg-Z77CKKk9LcG5h6T7-I-iycZrGJhJTBzOsQA








himajintaro at 21:15|PermalinkComments(0)お食事処 | 料理

2021年01月23日

冬眠中にタンドリーチキンライス

以前も紹介した私の友人で、東京葛飾京成本線堀切菖蒲園駅前の焼肉牛将のマスター橋本羅名さん御自慢のタンドリーチキンとバングラデシュの香り米でタンドリーチキンライスなるものを作ってみました。

IMG_5983

油で玉ねぎを炒め、あめ色になり、香りも出たところで、羅名さんから送ってもらったタンドリーチキンを炒めます。

IMG_5984

研いだ香り米にタンドリーチキンのソース、カレー粉、ショウガとニンニクのすりおろし、冷凍しておいた大葉、塩を入れます。

IMG_5985

さらに米に対する水の量を加えて、塩加減を調整します。タンドリーチキンにも塩分があるので、控えめにします。

IMG_5986

そこに、炒めたタマネギとタンドリーチキンを載せて炊き上げます。

IMG_5987

炊いている最中に香り米の独特な香りが炊飯器から放たれると期待が一気に膨らみます。

IMG_5988

上手く炊きあがりました。全体をかき混ぜて、一時、蒸らすと完成です。

IMG_5989

仕上がりは限りなく、世界三大炊き込みご飯のビリヤニ(ビリアニ)です。味と香りは、本場バングラデシュそのものです。バングラデシュは、元々、インドの一部だったので、料理はインドと全く変わりがありません。

とにかく、美味しいのです。日本では到底味わえない味と香りです。妻も美味しくて食べ過ぎると言いながら、お替わりしていました。

IMG_6002

上の写真でわかるように左がバングラデシュの香り米、右が日本のひとめぼれです。バングラデシュの米は全体的に小粒です。日本のコメはぷっくりと膨らんでいます。

以前、香り米を試験的に日本で栽培したことがあります。発芽した後の苗はコシが弱く、とても田植え機では植えることできなかったので手で植えました。秋に収穫して驚いたのですが、日本の米と見分けがつかない程、粒が膨らみました。

日本の「じゃこうまい」に似ています。写真はありませんが、「じゃこうまい」はモミから伸びるノゲ呼ばれる髭みたいなものが赤く変色するので、田んぼでは目立つ品種ですが、バングラデシュの香り米もノゲが変色します。

日本で作った香り米をバングラデシュに里帰りさせ、私がよく行く、国立ラッシャヒ大学に持ち込んだところ、並み居る植物学の先生たちから驚愕の目で見られました。

東南アジアや南アジアの米はパサパサの長粒種が多いのです。ですが、タイには宮廷料理で出すもち米があります。バングラデシュにも、おにぎりを作れるぐらいのグルテンを含む粘りのあるコメもあります。

単純に品種的に短粒種、長粒種だけではなく、栽培環境によっても変化することがわかりました。ジャポニカ的な遺伝子が香り米にも残ってるのではないかというのが大学の教授たちの見解でした。私の持ち帰った日本育ちの香り米は遺伝子解析されることになりましたが、その結果は10年以上たっても、教えていただいていません。

IMG_6004

ビリヤニは粘りの無い長粒種が一番合います。特に香り米は最高ですが、なかなか、手に入りません。最近は、バングラデシュの香り米が東京で手に入るそうです。

羅名さんのタンドリーチキンがたくさんの残っているので、日本の米でタンドリーチキンライスを作ってみようと思います。

himajintaro at 06:35|PermalinkComments(0)料理 | よもやま話