2020年09月27日

千歳山で芋煮会

2020.9.22

千歳山五合目で小休憩した後、再び、遅山仙人を先頭に山頂を目指しました。

IMG_2366

仙人は山頂で伸びてしまいました。時刻は11時40分。登山口から1時間10分でした。私が登るペースの倍以上かかりました。仙人にとっては、昨年5月、白鷹山以来の登山になります。

中学時代は徒競走400mで山形県記録を塗り替え、近くの高校から部活で千歳山を走って上り下りし、山頂で顧問の目を盗んで一煙し、大学でもスポーツで活躍し、社会人の登山サークルで長年会長をしていた元アスリートも、日ごろの怠惰な生活ですっかり体が鈍ってしまいました。

IMG_2367

山頂からちょっと下がった所に木造二階建ての展望台があり、そこで昼食を取ることにしました。建ててすぐの時は見晴らしが良かったのですが、今は木が生い茂り眺望を遮ってしまいました。

同行した山仲間S氏も、この展望台の存在は知らなかったようで、20年以上、登っていないようでした。

IMG_2368

仙人は気持ちが悪い、疲れて食事どころではないと言い出しました。

IMG_2369

私は、いつものようにアルマイトのやかんで湯を沸かし、久しぶりに持ってきた減塩カップラーメンに湯を注ぎました。

IMG_2370

仙人が食欲不振で昼食の準備をしない内にS氏がリックの中から、ちょっと大き目の鍋を取り出し、山形県民の秋のソウルフードである芋煮を温め始めました。

IMG_2373

この時期、河原に人が集まり、大きな鍋に里芋、こんにゃく、牛肉を砂糖、日本酒、醤油味で煮ます。マイタケやゴボウなどを入れることもあります。煮上がったところに大きめに斜め切りした長ネギを入れて完成です。

昔から、職場や学校、町内会、PTA、子供会、友人同士など様々なグループが馬見ヶ崎川の河川敷で芋煮の鍋を囲んで大宴会が繰り広げられてきました。9月から11月初旬の土日は1,000人以上の人々で賑わいます。平日も河原のあちらこちらで煙や湯気が立ち上り、たくさんの芋煮会が行われます。今年はコロナの影響で例年より参加者が少ないようです。

山形県の日本海側の庄内地方は豚肉に味噌味、仙台は豚肉に豆腐が入り味噌味となり、地域によって様々な味付けがあるようです。

IMG_2372

S氏は自宅で芋煮を作り、千歳山まで持ってきてくれました。

IMG_2375

期せずして、S氏の計らいで千歳山山頂で芋煮会となりました。これにお酒があったら最高なのです。

疲労困憊してグロッキーになっていた仙人も流石に芋煮の香りには勝つことができず、食欲が湧いてきました。

IMG_2376

Facebookに、この様子をアップしたら、「最高の贅沢ですね」という書き込みをもらいました。「遊びの極意は非日常の空間に日常を持ち込むことです」と返事をすると、たくさんのいいねを頂きました。芋煮は山形人にとって日常です。普通に家でも煮て食べます。

40年前の学生時代、初めて朝日連峰縦走した時に、一泊目の竜門小屋で牛肉を焼いて小屋中を焼肉の香りで充満させました。30年前にはレギュラーコーヒーを山に持って行き、薫り高きコーヒーを普通に飲んでいました。冬山で焼肉もしました。ピラフを炊いたり、登る途中で採った山菜を天ぷらにするなど当たり前にしてきました。

IMG_2386

7年前に亡くなった山仲間のO氏も、月山や飯豊山に大きなスイカを丸ごと1個持って行ったり、12月の半ばに福島県の霊山にクリスマスケーキを箱ごと持って行きました。山頂で、すき焼きを平気でしていました。

私たち山仲間はみんな遊びの極意を知っている連中です。いつも、楽しい山行になります。

こんな話をしているうちに時計は午後3時を過ぎました。そろそろ、下山することにしました。


himajintaro at 07:05|PermalinkComments(0)登山 | 歴史・文化

2020年09月25日

久しぶりに千歳山登山

2020.9.22

昨年11月の初旬、尾花沢市と宮城県加美町との県境にある翁山の登山をするために林道を車で走っていきましたが、予想外の大雪で断念して引き返しました。このため、リベンジを果たそうと体力調整のため、千歳山に登りました。

昼に山頂で食事という設定で、朝、昼食を作りました。

IMG_2342

パンとイワシの味噌煮、キャベツでホットサンドを作りました。

IMG_2343

IMG_2344

IMG_2346

IMG_2347

革の重登山靴を持って出発です。

IMG_20170827_104800

現在のように高い建物が無かった時代は山形市内のどこからでも見ることができる円錐形のピラミダルな山です。上の写真は以前撮った写真です。千歳山の麓まで市街地が伸びています。このため、山形市民にとってはシンボリックな山です。

千歳山2

山形県内の内陸部は、東に宮城県との県境があり、そこを源流として北西方向に幾つもの川が流れ、平野部に流れ込む付近に必ずと言っていいほど、三角形の山が作られています。まるで、オカルト雑誌ムーで取り上げられそうな、きれいな三角形を成しています。

千歳山


幾つかある登山口のうち、一番オーソドックスな千歳山こんにゃく店前に朝10時集合としました。この店は、国道286号改修前は砂利道に車を置いて、道から歩いて下ったところに木造の古い建物が立っていました。山形県民のソウルフードである玉こんにゃくを売っていました。この店の玉こんにゃくは手作りで大きくコシがあったので、宇都宮でスナックを経営していた叔母が度々買いに来ていました。その後、土地収用移転で現在地に新しい店を開店しました。

参加者はいつもの三人です。以前は、屋外のイベントにはバングラデシュ珍道中記に登場する悪友も参加していましたが、最近は、魔が差したのか、頭脳の世界に没頭し、シャバに出てくることもなく、自分で呪いをかけたわけでもないのに醜い豚になってしまいました。

IMG_2353

大方の予想通り、遅山仙人は10分以上遅れて到着しました。付近には片側2車線の大きな国道が交差しているので、ここまで原付で来るのには、ちょっとした技が必要なのです。仙人のBOXの中には米5kgが入っていました。来る途中買ってきたと言うのです。

IMG_2354

山仲間S氏からコールマンの真新しいサブザックをもらい、荷物を詰め替えました。

IMG_2355

S氏が言う「苔生したスーパーカブ」とは、上の写真のように実際にフェンダーに苔が付き始めたからなのです。もちろん、苔を落とそうなどという発想は仙人には毛頭ありません。仙人は付き始めたのではなく、すでに憑いているのです。

この日は、登山客の車が駐車場や駐禁でない道路にたくさん路駐していました。バイクや自転車もたくさんあり、すでに相当数の登山者が登っていると思われました。

IMG_2357

登山口を予定の30分オーバーの10時30分に登り始めました。一番体力のない仙人を先頭に仙人のペースで登りました。通称岩五郎稲荷(千歳稲荷神社)の林立する赤い鳥居を潜ります。

IMG_2358

岩五郎稲荷に登山の無事を祈願し、本格的に登り始めました。

IMG_2359

山頂までは登山口から私の足では25分から30分というところです。途中、下山する何人かの登山客とすれ違いました。4連休最終日ということもあり、家族連れ、特に小学生を連れた家族が多かったようです。

IMG_2363

五合目付近の眺めの良いところで小休憩としました。山頂は見晴らしが良くないので、ここで眼下に広がる山形市街地を眺めました。市街地が麓まで来ているので福島市の信夫山からの眺めを彷彿させます。

IMG_2364

千歳山はアカマツの緑が生える山でした。松茸も取れる山でした。しかし、御多分に漏れることなく、全国に蔓延したマツノマダラカミキリ(松くい虫)に寄生するマツノザイセンチュウによる枯死が大量発生しました。

現在のような伐倒薬剤処理以前は、寄主であるマツノマダラカミキリ防除のためヘリコプターによるスミチオン散布を試みましたが、市民団体による反対運動が展開されて社会問題になったこともあります。

地主である林野庁は造林の山でない千歳山の自然の変遷を重視したため、下刈りなどの手入れは行われませんでした。アカマツの樹齢も古く、次世代への更新が上手くならなかったために、比較的若い生きたマツの根に共生する松茸も生えなくなってしまいました。

マツノザイセンチュウに強いアカマツの品種が密かに植えられきましたが、千歳山の表土は栄養化が進み、貧栄養の山に生えるパイオニア植物であるアカマツは本来の役割を終え、松の緑から雑木の緑へ変貌しています。

IMG_2362

数々の学校の校歌に千歳山の松が歌われてきましたが、時代の変遷を感じます。

次回、山頂での昼食の様子をお伝えします。



himajintaro at 20:02|PermalinkComments(0)自然 | 登山

2020年09月20日

七ヶ宿ダム右岸を走る

2020.9.15

地図1

曰くつきのガソリンスタンドからフルーツラインを北上し、飯坂温泉手前から福島交通飯坂線と並行に走り、飯坂駅前の交差点に着きました。

IMG_1768

IMG_1767

本来ならここから国道399号を北上し、摺上川ダムを左手に見ながら、七ヶ宿町稲子集落で右折し、稲子峠を越えて国道113号に出ます。

UFOを見に行くぞ!でも紹介したように、稲子峠が通行止めだったので改めて七ヶ宿役場に確認したところ、9月中は工事が終わらないということで、小坂峠を目指すことにしました。ちなみに、国道399号の県境鳩峰峠は最近はほとんど通行止めで期待が持てません。

地図2

飯坂温泉から旧羽州街道の起点である桑折町(こおりまち)を目指し、伊達市国見から旧羽州街道沿いに小坂峠へのつづら折りを上り詰めました。

IMG_1769

小坂峠に到着すると雲行きが怪しくなってきました。眼下の伊達市保原付近は雨が降っている様子でした。雨雲レーダーで確認すると伊達市は強い雨が降っていることがわかりました。

最近は雨雲レーダーがあるので便利になりました。空を見て怪しくなったら雨雲レーダを見て事前に雨具を着用できます。

確か日本には二つの雨雲レーダーがあり、東日本は山形市のすぐ西にある白鷹山の山頂から西に延びる尾根にレーダー基地があります。

IMG_1770

気温が下がってきたこともあり、薄い雲が広がりそうだったので、休憩時間を利用して雨具を着用しました。

普通なら旧羽州街道宿場町戸沢の集落を抜け、国道113号に合流して白石川の左岸を走るのですが、今回は浮気をして右岸を走ることにしました。

材木岩の手前に飛不動尊と虎岩公園の案内板のある所から左折し上っていくと飛不動尊に出ます。

IMG_1772

IMG_1774

伊達政宗が建立し、夫婦杉があるという、いかにも遅山仙人が食いつきそうな場所でした。案の定、お不動様にお参りもせずに、ウロウロ歩き回っていました。

IMG_1773

IMG_1776

不動尊の先には何やら怪しげなトンネルがありました。トンネルを抜けると、そこはダムサイトでした。

IMG_1779

IMG_1781

左岸を走っても直接ダムサイトに行くことはできません。

IMG_1786

七ヶ宿ダムは中心部に防水用の粘土があり、周りを岩で押さえたロックフィルダムです。ダムが完成して間もないころ、全日本建設技術協会の研修でダム本体内部の見学に来たことがります。

IMG_1782

直接ダムサイトに出られたことも驚きでしたが、猿軍団に迎えられたのも驚きでした。いつも摺上川ダムの国道339号では猿を見ることができるのですが、七ヶ宿ダムでは初めてでした。

IMG_1783

子供を乗せた母猿がたくさんいました。写真を引き伸ばしてみるとわかります。

IMG_1783_1

IMG_1787

ちょうど噴水のタイミングでした。

IMG_1788

IMG_1790

車幅制限があり1.9m以上の車は通行できないようでした。グーグルアースで所々に車が写っていたので、通行制限はないと思い、今回右岸を走ってみました。摺上川ダムは右岸は道があるのですが通行制限で走ることができません。

IMG_1791

全く車は走っていませんでした。橋ありトンネルあり、程よくカーブもあり、原付には快適な道路でした。

IMG_1792

ダムの上流、道の駅七ヶ宿で国道113号に合流します。旧羽州街道七ヶ宿の点在する宿場を走り、湯原の宿場の手前に小坂峠への交差点があります。

IMG_1794

本来なら、ここから国道113号に合流するのですが、残念ながら災害復旧工事で通行止めです。

IMG_1793

湯原の宿場を過ぎ、国道113号に別れ告げ右折し、旧羽州街道を走り上山市楢下の宿に向かう県境の金山峠に着きました。

この峠が掘割になっているので仙人が防衛上の重要拠点だというので小休止しました。

IMG_1795

推測ですが、仙人の言いたいことは、掘割の上から敵を待ち構えて矢なり石なりを使って撃退した場所だろうということです。

道路の両脇は空石積みという工法で土留めがされています。昔の街道は人が歩けるだけの道幅で充分だし、こんな幅の掘割は現代になってからだろうと伝えると納得したようです。まして、下から丸見えの掘割など意味がありません。

こうして、無事に県境を越え、明るいうちに帰宅しました。


2020年09月19日

初めて土湯トンネルを潜る

2020.9.15

国道115号沿いのそば処ふじ田で昼食を終えた後、福島市内へ出るため、土湯トンネルをめざしました。

土湯トンネル

いつもなら、桧原湖から秋元湖や磐梯山を眺めながら磐梯吾妻レイクラインを走り、一旦、国道115号に合流した後、土湯トンネルに入らずに旧道を上って磐梯吾妻スカイラインを北上するパターンでした。

昨年は、喜多方のあべ食堂で朝ラーメンを食べ、裏磐梯を横切り、旧道をそのまま走って土湯温泉に下りて、陸上自衛隊福島駐屯地近くのそば処彩で昼食としました。

IMG_1761

土湯トンネルは昨年の喜多方に向かう国道121号大峠トンネルより短いというものの、かなり距離感を感じました。照明や壁の色、登り勾配が圧迫感や閉塞感を感じさせたのかもしれません。

それでも、平日が故に交通量も少ないせいか、追い越す車もなく、トンネル出口付近で工事をして交互通行していて、タイミングが良かったのか、対向車もなく、あまり緊張感がないままにトンネルを抜けてしまいました。

IMG_1763

土湯トンネルを抜けると、とても眺めが良く、眼下に福島市街地が広がり、市街地の真ん中にある信夫山の黒い塊が特徴的でした。

道の駅

トンネルをいくつか抜けた後、遅山仙人御所望の道の駅に立ち寄りました。

IMG_1766

私たちが道の駅に入る直前にハーレーのサイドカーに抜かれ、そのまま道の駅に入りました。

ハーレーのオーナーは仙人より年上の方と思われました。実は、そば処ふじ田でサイドカーの話題になっていました。

山仲間S氏に「苔生したスーパーカブ」と酷評されたにもかかわらず、ハーレーのようにピカピカにする気は毛頭ありません。

IMG_1765

この道の駅は、二本松に抜ける国道459号の立体交差点にあり、小さなお店でした。仙人はたくさん入って200円というキュウリを見つけ喜んでいましたが、多すぎると悩んでいました。近所に住んでいる叔母や従姉にお土産に持って行けばとアドバイスしたのですが、気が利きません。結局、小さな袋のキュウリを買っていきました。

ここからは土湯温泉に下り、国道115号からフルーツラインに入りました。途中、スカイラインから下りてきた道路との交差点にあるガソリンスタンドで給油しました。

地図1

3年前、仙人のカブがパンクしてカブを途中の民家に預けてバスで帰ることになり福島駅行きに乗車しました。民家の御主人の計らいで状況は急転し、運よくバイク屋で修理できた後に、このスタンドで給油し、一人仙人が迷走して微温湯(ぬるゆ)温泉に行ってしまったという曰く付きのスタンドです。

当時は暗くなり、このスタンドで山形方面を訊ねたのですが、全く見当違いの山の中を目指してしまいました。仙人の頭の中では飯坂温泉をイメージしたようです。途中何度も民家を訪ねて山形方面を訊ねたようですが、明快な回答が得られず、北上すべきところを南下し、道路標識も確認しないでイチかバチかで山の中に入ったようです。

曰くつきのガソリンスタンドで給油しましたが、150km走行で、私のリトルカブは1.8リットル、仙人のスーパーカブは2.8リットルの給油でした。明らかに仙人の燃費が落ちていますが、後ろのボックスが重くて燃費が落ちていることを認めません。

このガソリンスタンドからフルーツラインに戻り、飯坂温泉をめざしました。


2020年09月18日

昼はどこにする?

2020.9.15

裏磐梯物産館の道路を挟んだ真向かいにバス停がありました。11時52分発のバスに乗り、ビジターセンターに向かいました。私たちの他にも数人の客が乗車しました。

IMG_1749

ソーシャルディスタンスを守り、二人掛けの席に一人づつ座り、五色沼入口で下車しました。

IMG_1750

料金は250円。五色沼入口のバス停はビジターセンター駐車場に隣接していました。

IMG_1751

無事にバイクを置いている場所に戻りました。

さて、昼食はどこにするという話題になりました。遅山仙人が周辺に食べるところが一杯あるだろうと言い出しました、そこに、山仲間S氏が観光地にありがちな、そこそこの食堂しかないだろうと釘を刺しました。

S氏は仙人が遠出をすると蕎麦を食べたがっていることを見抜いていました。そこで、私から国道115号沿いにある蕎麦屋さんを提案しました。

IMG_1752

本来なら、ここから磐梯吾妻レイクラインを走り、土湯峠に向かうのですが、レイクライン沿いには適当な蕎麦屋さんを見つけられませんでした。

そこで、国道459号を猪苗代湖方面に南下した後、国道115号に合流して土湯峠に向かう途中にある蕎麦屋さんを検索しておいたのです。

115号沿いには何軒かの蕎麦屋さんがあるようなのですが、帰り道で比較的近いそば処ふじ田の場所をS氏に伝えて駐車場を後にしました。20分足らずで蕎麦屋さんに到着しました。

IMG_1754

昼12時を過ぎていましたが、平日が故にか、混雑もせずに奥のテーブルに座ることができました。

IMG_1753

最初にS氏が、ぶっかけそばをオーダーしました。S氏は以前、信州でぶっかけそばを食べて、美味しくて感動したそうです。山形県内ではあまり見かけないメニューです。

あえて、次に仙人に尋ねました。もちろん、答えられません。私が何を注文するのか気になってしょうがないのです。このシチュエーションをS氏は理解していました。

私が天ぷらそばを注文すると仙人も同じものを頼みました。

IMG_1755

このお店は天ぷらがとても美味しかったです。揚げ具合はもちろんなのですが、特に、上のぶっかけそばで見えるように大きなカボチャの天ぷらが美味しかったです。

もちろん、下の天ぷらそばも他の天ぷらに隠れたカボチャの天ぷらが載っていました。カボチャの煮物や卵焼きが美味しかったです。

IMG_1756

肝心な蕎麦ですが、あまり蕎麦の香りはしませんでした。蕎麦の端境期ではあるものの、一年中香りの高い蕎麦が食べられる店はたくさんあります。コシやのど越しは手打ちの特徴が出ていると思います。

IMG_1758

天ぷらに圧倒されて蕎麦の影が薄くなったと言っても過言ではないような気がします。

S氏は、ぶっかけそばに満足していました。

店の人が言っていましたが、私たちが注文した天ぷらそばとぶっかけそばが、この店の一、二位を争うメニューだそうで納得しました。

IMG_1760

S氏とは、ここで別れました。私たちは国道115号を北上し、今回は土湯峠には登らずに、初めて土湯トンネルを潜ることにしました。