2019年07月17日

クラゲ、クラゲ、クラゲ

開館時刻20分前には玄関前に行列ができました。福島からの観光客も来て長蛇の列になりました。

IMG_20190705_085402

IMG_20190705_085414

展示室はイワナ、ヤマメの淡水魚に始まり、一般的な海の魚のほかに、写真は撮ってきませんが日本海から遡上するたくさんのサケの幼魚が泳ぎ回っていました。

しかし、何といっても圧巻はクラゲの展示です。さらに、9時30分から始まったクラゲの話がとても面白く、クラゲに対する見方が変わりました。

IMG_20190705_093436

水族館の職員の説明によると、クラゲはプランクトンの仲間で、自分の意志で泳げないものは、大小にかかわらずプランクトンと呼ぶのだそうです。

クラゲは基本的に有性生殖ですが、幼生が無性生殖のままクローンでいくらでも増えていくという事実には驚きでした。

毒を持つものと持たないものがあります。展示しているクラゲの名前ラベルに「刺」という文字があるものが毒を持つ種類です。獲物を捕まえるときに触手から獲物に向けて小さな毒針を無数に発射します。

毒で動きが鈍つたプランクトンや小魚は触手によりクラゲの中心部に送り込まれ、胃まで持って行き消化します。今まではどれが胃なのかわかりませんでした。

毒を持たないクラゲは体の周りに付いている繊毛のようなものが光に反射して虹色に輝きます。

これらの様子は全てカメラで拡大してモニターに映し出されました。

クラゲに関する知識があるのと無いとでは、水族館のクラゲの面白さが変わります。クラゲの話を聞いただけでも加茂水族館に来た価値がありました。

IMG_20190705_091900

クラゲの話を聞いた遅山仙人が「クラゲのように行きたい」と言うので、「今でも十分浮遊(浮浪)して暮らしているではないか?自分の意志に関係なく方々に連れ回されているだろう」と返しました。

まずは毒を持つクラゲ

IMG_20190705_091527_1

IMG_20190705_091548

IMG_20190705_095341

DSC01854

DSC01870

DSC01873

IMG_20190705_095407

IMG_20190705_095443

IMG_20190705_095449

IMG_20190705_095507

IMG_20190705_095533

IMG_20190705_095557

そして、毒を持たないクラゲ

DSC01892

DSC01882

DSC01880

時間はあっという間に過ぎてゆき、次の目的地までの移動のために駐車場に戻ってきました。

IMG_20190705_101005

加茂水族館には2輪専用の駐輪場があります。ここに富山ナンバーのスウェーデン製のバイクが置いてありました。日本海側は酒田まで高速道路でつながったので、北陸から来るには便利になったと思います。

開園前に警備員さんと話しましたが、ゴールデンウィーク中は大混雑したようです。「今はインターネットで何でもわかる時代だから...」と全国からお客さんが来るそうです。

混雑時には駐輪場は原付にとっても有難い心遣いです。

これから、次に目的地まで移動します。


2019年07月16日

クラゲ見るために月山を越えて

風前の灯だった田舎の水族館をリニュアルオープンした山形県鶴岡市加茂にある加茂水族館。クラゲ水族館としてあっという間に、全国にその名を轟かせて5年が経ちました。

まだ、クラゲ水族館になってから一度も行ったことがないので、7月5日の金曜日にいつもの遅山仙人を誘い、月山の六十里越街道を走ることにしました。

DSC01809

遠方に映る月山はまだ白く、冬季閉鎖から開通した国道112号を走るのは2年ぶりです。仙人は新庄市西部の戸沢村を回る国道47号ルートと思っていたようですが、遠回りになるので、このルートを選択しました。

IMG_20190705_055606

日の出前に出発し、大型車の交通量が多い寒河江市経由の112号を走らずに、いつもの寒河江川右岸を遡り、本道寺から112号に入りました。

IMG_20190705_061700

寒河江ダムを過ぎて、月山へ向かう旧道六十里越をめざします。ここから直進は自動車専用道路になるので、自動二輪でないと走ることができません。

IMG_20190705_062348

IMG_20190705_063046

弓張平公園までの上り坂でエンジンをうならせ、志津の旅館街を通り抜け、夏スキーで有名な月山までの交差点を直進します。

IMG_20190705_063535

ここからは、ほとんど、平日の交通量は無く、急なアップダウンも少なく、ブナ林の中を走り抜ける快適なワインディングロードとなります。平日ではありましたが、この日はネマガリタケ(ササタケ、通称月山タケ)を取る人たちと思われる車が何台か止まっていました。今年は、遅くまでササタケが出たようです。

IMG_20190705_064242

IMG_20190705_064849

山形県西川町と鶴岡市の境。(写真上)山形県内4地域の内、内陸地方(西川町)と庄内地方(鶴岡市)の境界になる場所です。月山と朝日連峰が連なる峠になっていて、真下に自動車専用道路、通称「月山新道」の月山第一トンネルが走っています。

IMG_20190705_065604

しばらく、下っていくと出羽三山信仰の聖地である湯殿山神社に上る有料道路(自動車専用道路)の入り口に出ます。ちなみに、湯殿山神社にある湯泉がご神体で、女性の秘部とされていたため、女人禁制の時代がありました。ここまで、仙人の自宅から2時間です。

IMG_20190705_070416

そして、月山第二トンネルの真上(写真下)も旧道が走っています。

IMG_20190705_070421

ここから、徐々に景色が変わっていきます。

IMG_20190705_070744

IMG_20190705_070748

ブナ林が開け、この先から一気に下ります。多層民家がある鶴岡市田麦俣(旧朝日村田麦俣)集落の手前に七ツ滝があり、いつも小休憩を取ります。

DSC01843

DSC01844

DSC01841

DSC01840

七ツ滝を下ると直ぐ田麦俣に出ます。多層民家というと茅葺屋根が有名ですが、現在は2軒だけになってしまいました。

IMG_20190705_072211

田麦俣から止む無く交通量の多い自動車専用道路でない112号に入ります。

IMG_20190705_072556

旧朝日村落合で仙人を待っていましたが、10分以上経っても来ませんでした。

遅れてきた仙人に訊ねたら、月山ダムを過ぎ、米の粉ドライブインのあたりから仙人のスーパーカブはだんだん、パワーが落ち、エンジンが止まりそうになったそうです。

道路に停めて、アクセルを全開にするとパワーが戻ってきたそうです。仙人はエンジンブレーキをかけずにトップのままブレーキだけで降りてきたそうです。推測するに、エンジンが冷え切ったためにパワーが落ちたと思われます。それにしてもエンジンブレーキをかけずに降りるとは危険極まりないのです。彼はスピードを上手にコントロールできないため恐怖感がつのり、極端に緊張するので余計疲れます。

IMG_20190705_082151

エンジンの動きが戻ってきた仙人とともに鶴岡市街地に入らず、112号から青龍寺、大山を通って、トンネルを抜けると加茂の港です。この先のT字路を左折し、県立加茂水産高校の前を走ると、ほどなく目的地の加茂水族館に到着しました。

IMG_20190705_082600

IMG_20190705_085139

IMG_20190705_085148

開館時間午前9時の40分前に到着したので、休憩していましたが、平日というのに他県ナンバーの車がどんどん入ってきました。それも、東北以外のナンバーでした。さらに福島交通の観光バスが入ってきました。

驚いているうちに開館時間になりました。

himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)ツーリング | 道路

2019年07月15日

初めて乗った普通車のグリーン車

新幹線のスピードはリトルカブの5倍速いのですが、リトルカブの燃料代の18倍高いです。ただ、山形県内では在来線の線路を走るため130km/時に制限されていることと、急こう配の難所である板谷峠を走るため、スピードの差は縮まります。

IMG_20190615_175634

一般的に、新幹線と飛行機の選択基準は4時間と言われています。山形・名古屋間は新幹線の乗り継ぎで自宅から4時間40分です。山形・名古屋間に航空便が無いので新幹線を使うか、仙台空港からセントレア空港まで飛ぶか(自宅から4時間)の選択を迫られることになります。

IMG_20190615_181521

これが、山形・福島になるとどうなるか。遠回りで急こう配を走る山形新幹線と普通列車、高速道路を使うマイカー、最短コースの山道をスムーズに走るリトルカブの選択肢が出てきます。自宅から各々、1時間20分、1時間50分、1時間10分、2時間になります。普通列車の直通は日1、2本しかなかったような気がします。天気が良ければ迷わず低燃費のリトルカブで出かけます。

IMG_20190616_090049

普通列車が出たついでに、山形・宇都宮を普通列車で走れば、3回の乗り継ぎで自宅から5時間です。以前は福島と黒磯乗り継ぎの時期がありましたが、それが、福島と黒磯の間に新白河が入ってきました。

新幹線で2時間20分ですので無条件に新幹線を選びます。それでも、昔のディーゼル型急行が6時間30分だったころから比べると3回も乗り継いでも電車型普通列車が如何に速いかよくわかります。

IMG_20190616_090230

遅いリトルカブの旅の良さは、直ぐに停まれるところにあります。これが自動二輪になると、速度が速すぎて停まることを躊躇してしまいます。ゆっくり移り行く景色を眺め、所々で立ち止まっては、遅い遅山仙人が来るのを待って写真が撮れます。

IMG_20190616_091758

東京の知人には午後1半まで行けば良かったので、最初から普通列車で行くことに決めていました。飛ぶような景色を見るだけの新幹線に比べれば、ゆっくりとはいかないまでも、車窓からの眺めは楽しめると思っていました。

2時間足らずの旅ではありますが、旅を堪能したいと思い、少しでも視線の高いグリーン車の二階席を選びました。

IMG_20190616_095922

グリーン車の二階席は期待を裏切りませんでした。久喜の駅付近で富士山を眺めることができました。
グリーン車に乗ると普通列車は別物になります。

IMG_20190616_111723

IMG_20190616_112129

あっという間に、2時間の普通列車の旅も終わり、メトロ千代田線を乗り継ぎ、湯島の実盛坂を登りきると知人の事務所に到着しました。

IMG_20190616_112028




himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)よもやま話 

2019年07月13日

リトルカブ使わず宇都宮へ

宇都宮の介護福祉施設に入居している叔母が癌だという知らせが入り、昨年の10月3日、急遽、リトルカブで宇都宮に行くことになりました。しかし、持って行く物が多く、宇都宮市内の駐輪場が早朝から開いていないこともあり、新幹線に切り替えて出かけました。

43012756_1873406609381242_155392780057706496_n

叔母は私の父の一番下の妹です。異父兄弟だったため小さい頃から兄姉たちから冷たく扱われたと言います。祖父が40代で亡くなったため、祖母が寂しさを紛らわすように旅芸人を追いかけ、身ごもったのです。

成人して消防士と結婚し、長男を出産して直ぐ、夫が発見者で放火の嫌疑がかけられました。執行猶予の判決が出て間もなく、夫は離婚し、長男を連れて愛人とともに叔母の元からいなくなりました。

今考えれば、おかしいことだと思います。結婚して何年も経たない夫が出産後間もない妻をかばわず、放火したことを証言したのです。愛人がいたことは叔母も気がついていました。消防士が発見者であれば裁判は不利に決まっています。

叔母は今でも放火した記憶が無いと言います。

今回の渡航は、叔母が転んで大腿骨折で手術をしたというので、東京の知人に会いに行くついでに出かけることになったのでリトルカブは使いませんでした。

IMG_20190615_084510

叔母は宇都宮でバーテンダーをしていた男性に拾われ、スナックを経営するまでになりました。叔母は幼いころから面倒を見てくれた私の父を頼って、しばしば、山形に帰省していました。私も度々、宇都宮の叔母の所に遊びに行っていました。しかし、男性のDVにより別れることになります。

42956514_1873569866031583_4554290871507353600_n

叔母は客の借金の保証人になりました。闇金から逃げた客のため叔母は組事務所に軟禁され、うつ病とパニック障害を患い、長期の入院をすることになりました。この間、叔母を慕い支援してくれていた男性が癌のため入院し、叔母に会いたい希望が叶えられずに帰らぬ人となってしまいました。

その後、宇都宮市の生活保護を受けることになりました。

42966954_1873569896031580_7224932696147886080_n

膝関節や股関節を患い、車いすの生活をせざるを得なくなりました。そして、今まで住んでいたアパートを引き払い、介護施設で暮らすようになりました。

それから数年後、叔母のケアマネジャーから連絡が入り叔母が癌であることを告げられました。たまたま、施設に住む叔母へ年賀状を送ったことで私の連絡先がわかったのです。

宇都宮市役所の生活保護担当課を訪ねました。担当のケースワーカーには会うことができませんでしたが、その日のうちに電話で話すことができました。

何処にいるのかわからない実の息子にも見放され、当時存命だった兄姉たちにも相手にされず、生活保護費を受給することになったとケースワーカーは教えてくれました。

IMG_20190615_115509

叔母の癌は進行せず、大腿骨を骨折し、術後の経過は良いものの相変わらず車いすの生活でした。まだ若いのですが、記憶が欠落していたり、妄想が出てきたように感じてきました。

43165812_1876219602433276_7257302279814905856_n

今回も前回と同じホテルに泊まりました。前回、偶然にも予約したこのホテルの支配人と叔母が知り合いでした。叔母は仕事帰りに風呂を度々使わせてもらったそうです。

さらに、偶然が続き、ホテルの近くで入った餃子屋さんが、叔母の店のすぐ近くにありました。

43013735_1873612102694026_2073216121489588224_n

43083429_1873612146027355_5527908198859669504_n

父は広い心を持つ人でした。叔母を不憫に思い、昔から叔母を支援してきた私の父も、55歳の若さで、この世を去りました。そんな父の子であることを誇りに思っています。

今、叔母の母方の甥姪はたくさんいますが、兄姉は誰も残っていません。叔母の最期は私が面倒みることが父の供養と思っています。

叔母が存命のうちに、リトルカブで宇都宮に行こうと思っています。


himajintaro at 17:25|PermalinkComments(0)よもやま話 | お食事処

2019年07月07日

クラッシックのレコードいただきました。

2019/05/25の日記「慣らし運転2 延沢城で問い合わせがあった知人からのレコードについて、後日談がありますので、紹介します。

東京の知人はクラッシックの愛好家で200枚を超えるレコードをお持ちでした。レコードのリストをエクセルデーターで送って頂き、その中から48枚を選んでリストを返信しました。

この知人も社会がデジタル化して、CD全盛になったときにレコードプレーヤーを処分してしまったそうです。そこで、いつもの山仲間S氏に相談したところ、使っていないレコードプレーヤーがあるというので頂けることになりました。


IMG_20190623_191245

S氏から頂いたレコードプレーヤーはパイオニア製のダイレクトドライブプレーヤーでMMカートリッジが付いたものです。

レコードプレーヤーのターンテーブル(レコード盤を回転させる部分)はモーターからベルトで駆動させるベルトドライブ方式とターンテーブルとモーターが直結しているダイレクトドライブ方式があります。

また、レコード針が付いている部分はカートリッジといい、レコードの溝の幅の違いをレコード針を使って振動させ、カートリッジで電気信号を発生させます。いわば、発電機です。カートリッジにはMM(ムービング・マグネチック)という磁石を振動させて電気信号に変えるものとMC(ムービング・コイル)という銅線を巻くコイルを振動させるものがあります。

MMは針を変えるだけで済みますが、MCは針にコイルが巻かれているためカートリッジ毎交換する必要があり高価になりますが、音質が良いとされています。

さらに、MMとMCでは電気信号を音楽信号に変えるイコライザーアンプという器械も異なるものが必要になってきます。

私は、MM用のイコライザーアンプを内蔵したプリメインアンプと言われるオーディオアンプを捨てずに持っていたため、今回、レコードを聴くことができました。

パイオニア製のプリメインアンプのイコライザーアンプだけを利用し、手持ちの真空管式のプリアンプ(音質を調整するアンプ)とデジタル式のメインアンプ(スピーカーで聞こえるように音楽信号の電圧を上げるアンプ、別名パワーアンプ)につないで、スピーカで鳴らします。

真空管のプリアンプもデジタル式のプリアンプも、いわゆる中華アンプと言われるもので安くて音質が良く、CDやパソコン、スマホ用のアンプとして使っていました。ちなみ、真空管は中国製の物が乗っかっていましたが、フランス製の物に交換したら音質が良くなりました。

東京の知人からレコードを送って頂く前に自前のレコードを聴いてみました。ハイファイセットのレコードを久しぶりに聴きましたが、思った以上にクリアで柔らかい音で感動しました。

IMG_20190623_192847


レコードは2回に分けて送って頂きました。私も、クラッシックは何枚か持っています。CDも何枚も持っています。今回のレコードの選択では、CDで持っている曲目も選んでみました。聞き比べしてみたいと思います。

IMG_20190629_192743

IMG_20190705_204700


レコードにはゴミが溜まり、レコード針にゴミが付いて音が割れたり霞んだりするので手入れが大変です。そんな時に、レコードを新品同様にする方法があります。

それは、女性用の顔パックです。現在は不織紙に化粧液を染込ませたものが主流になっているので、従来の塗って剥がすタイプが少なくなりました。通販で「ちふれ」で出しているのがわかりました。実は40年前、レコード雑誌で顔パックをレコード盤に塗って剥がすとレコードの溝に溜まったゴミを汚れを取り除いてくれるという情報を見つけたのです。レコードを聴いていた頃は、安い「ちふれ」の顔パックを買って、何度も新品同様にしました。

IMG_20190702_200555

IMG_20190702_200650

レコード針は昔からナガオカ製が有名です。世界でも、ほとんど、レコード針は生産されていないはずですが、このナガオカは創業当時から山形県東根市にあり、現在も生産を続けています。

IMG_20190707_071552

昨今、アナログへの回帰現象が起こり、レコードが静かなブームになっています。カセットテープの動きもあります。カセットテープを録音再生するカセットデッキなる器械もナカミチ製のものが健在です。

また、最近のニュースでは富士フィルムがニーズがあるというのでモノクロのフィルム・ネオパンSSの製造を再開しました。

車の自動操縦への技術は進化していく一方で、リトルカブのツーリングのように運転することを楽しみたいというニーズも出てきて当たり前だと思います。


himajintaro at 07:18|PermalinkComments(0)よもやま話